ここから本文です。

報道発表資料  2015年10月23日  福祉保健局

11月は児童虐待防止推進月間です

 昨年度、都内の児童相談所が対応した虐待の件数は7,814件で、この10年間で2.5倍を超える件数となっています。次世代を担う子供たちが健やかに育つため、絶対にあってはならない児童虐待。しかし、幼い命が奪われる痛ましい事件が後を断ちません。
 都では、児童虐待防止推進月間の11月を中心に、オレンジリボンによる普及啓発に加え、児童虐待防止に係る普及啓発キャラクター「OSEKKAIくん」を活用し、区市町村、医療機関、学校・教育機関、警察等の関係機関と協力し、様々な児童虐待防止の普及啓発活動に取り組みます。【東京都長期ビジョン事業 P180】

推進月間における主な普及啓発活動

1 車内広報

 都営地下鉄(浅草線、三田線、新宿線、大江戸線)、日暮里・舎人ライナー、都バスの各全車両内にOSEKKAIくんポスターを掲出

2 児童虐待防止アニメ動画の配信

 東京都の公式YouTube動画サイトへ掲載

3 啓発グッズの配布

 啓発グッズを配布する主なイベントは、別紙「児童虐待防止に関する主なイベント」参照

「東京OSEKKAI化計画」の推進

 「東京OSEKKAI化計画」とは、従来の余計な世話と言われていたおせっかいではなく、いい意味での地域社会の連帯感、優しく温かく親子を見守るという、新しい言葉・行動「OSEKKAI」を東京都民一人ひとりに浸透させ、日頃から温かいまなざしとはげましの言葉で、親子を見守り、子供を虐待から救う計画です。

※「OSEKKAI」で検索
 東京OSEKKAI化計画ホームページ

オレンジリボンとは…

オレンジリボンには「児童虐待防止」というメッセージが込められています。オレンジ色は子供たちの明るい未来を表しています。

画像

OSEKKAIくんとは…

 児童虐待防止に係る普及啓発キャラクター。優しく、温かく、親子を見守り、都民すべての人をOSEKKAI化することを夢見ています。

画像
※別添 チラシ(PDF形式:1004KB)
問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部家庭支援課
 電話 03-5320-4127

ページの先頭へ戻る