トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 10月 > 市民公開講座「子どものがんを考える」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2015年10月14日  福祉保健局,病院経営本部

東京都小児がん診療連携協議会
市民公開講座「子どものがんを考える」を開催
より良い教育支援を目指して

 東京都では、小児がんに関して高度な診療提供体制を有している都内の医療機関と医療関係者等で構成する「東京都小児がん診療連携協議会」を設置し、都内における小児がんの診療連携体制の構築や普及啓発等を実施しています。
 本協議会では、都民や医療・教育関係者等に小児がんについての理解を深めていただくため、市民公開講座を開催しています。今回は、小児がんの子どもたちの「教育」をテーマに、専門家や小児がん経験者の方からご講演いただくとともに、小児がん経験者であるシンガーソングライター・より子氏のミニライブも予定しています。皆様のご参加をお待ちしています。

1 日時

 平成27年11月8日(日曜日) 午後1時00分から午後5時00分まで

2 会場

 新宿NSビル 30階 NSスカイカンファレンス

3 プログラム

第1部(午後1時00分から)

 「病気を抱えた子ども達になぜ教育が必要なの?
 ~院内学級の子ども達が教えてくれたたいせつなこと~」
 講師:昭和大学保健医療学研究科准教授 副島賢和氏
 「病気のある子ども達の教育保障~多様な学びの場“病院にある学校”~」
 講師:独立行政法人国立特別支援教育総合研究所総括研究員 日下奈緒美氏
 「闘病15年を経て考える小児がん経験者に必要な支援について~当事者の立場から~」
 講師:社会福祉士 横山北斗氏

第2部(午後3時20分から)

 「生きる~小児がんを克服して~」+ミニライブ シンガーソングライター より子氏

第3部(午後4時10分から)

 ディスカッション等

4 対象等

 申込不要で、どなたでもご参加いただけます。(先着150名)

※別添のチラシ(PDF形式:415KB)も併せて、ご参照ください。

〔東京都小児がん診療連携協議会〕
 国が指定する都内の「小児がん拠点病院」、都が認定する「東京都小児がん診療病院」、公益社団法人東京都医師会及び患者代表者で構成。
 事務局は東京都立小児総合医療センター

※構成病院は別添のチラシをご参照ください。

問い合わせ先
(東京都小児がん診療連携協議会について)
福祉保健局医療政策部医療政策課
 電話 03-5320-4389
(市民公開講座について)
東京都立小児総合医療センター医事課医療連携係
 電話 042-300-5111

ページの先頭へ戻る