ここから本文です。

報道発表資料  2015年10月29日  港湾局

平成27年度東京港テロ対策合同訓練の実施について

 東京港保安委員会及び東京港危機管理チームは、テロ対策の取組みの一環として、下記のとおり、晴海ふ頭において合同訓練を実施しますので、お知らせします。
 この訓練は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、国内外からヒト・モノの流通の増加が見込まれる東京港において、事案発生時における関係機関の連携・対応等を確認し、より一層の関係機関の連携強化及び治安機関の事案対応能力の向上を図ることを目的としています。

1 実施日時

 平成27年11月6日(金曜)午前11時00分から約1時間
※荒天の場合は中止(当日午前8時30分に決定)

2 実施場所

 東京都中央区晴海5丁目7番1号
 晴海客船ターミナル2階及び晴海ふ頭周辺海域
 (別紙1 (PDF形式:359KB)参照)

3 訓練参加機関(東京港保安委員会、東京港危機管理チーム)

 警視庁、月島警察署、東京湾岸警察署、東京税関、東京入国管理局、東京消防庁、関東運輸局、関東地方整備局、東京検疫所、東京海上保安部、羽田航空基地、東京都港湾局
 参加予定人員:約120名
 参加予定船艇等:船艇8隻、航空機1機

4 訓練想定

 「東京港に入港する外航旅客船に、手配中の国際テロリスト数名が身分を偽り本邦への入国を企てている」との情報が寄せられたことから、関係機関の対応部隊を参集して事案の対応に当たる。

問い合わせ先
港湾局港湾経営部経営課
 電話 03-5320-5554

ページの先頭へ戻る