ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月18日  監査事務局

平成27年定例監査報告書の提出について

 監査委員は、第三回都議会定例会に「平成27年定例監査報告書」を提出しました。
 報告書には、平成27年定例監査及び平成26年度東京都財務諸表の監査の概要と結果を記載しています。
 報告書の概要は次のとおりです。

1 定例監査

(1) 監査の概要

ア 監査の目的
 地方自治法第199条第1項、第2項、第4項及び第7項に基づき、都の財務に関する事務の執行、経営に係る事業の管理及び事務の執行が、適正・適切に行われているかについて、平成27年定例監査を実施した。

イ 監査の対象
 平成26年度における都の事務及び事業の全般

ウ 監査実施状況
 全28局について、本庁の全ての部、事業所の約4割を対象とした。

エ 重点監査事項
 全庁を対象にした「工事契約に係る価格情報管理」、局別に選定する事項として「事業実施部門の外部委託」、「業務の内部統制」、「債権管理」を設定した。

(2) 監査の結果

ア 指摘件数
 17局に対し、115件の指摘等を行った。(うち重点監査事項は15局25件)

イ 指摘金額
 指摘金額は約1億7,427万円であり、このうち、経費を縮減すべきものや収入漏れなどを指摘したものが約5,990万円である。

ウ 主な指摘事例

  • 積算情報に係る電子ファイルの管理等が不適切であったもの(重点監査事項) (報告書P.8)
  • バス乗務員等が現金を取り扱う場合の業務手順等を具体的に定めていなかったもの(報告書P.5)
  • 都立学校の消防用設備について修繕等を行っていなかったもの(報告書P.6)

2 財務諸表監査

 平成26年度東京都財務諸表が、東京都会計基準に準拠しているかを検証し、監査の対象とした財務諸表については、監査を実施した範囲において、東京都会計基準に準拠して作成されていると認められる。

平成27年定例監査報告書の提出について(監査事務局ホームページ)

問い合わせ先
監査事務局総務課
 電話 03-5320-7017~8

ページの先頭へ戻る