トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 26年度国別外国人旅行者行動特性調査の結果

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月7日  産業労働局

平成26年度国別外国人旅行者行動特性調査の結果
訪都外国人旅行者の1人当たり平均旅行支出額は135,039円

 東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都外国人旅行者の行動特性に関する調査結果をまとめました。

調査結果

1 訪都外国人旅行者の行動特性

  • 訪都外国人1人当たりの都内での旅行中支出額(推計値)は135,039円。前年(平成25年度)の114,519円に比べ17.9%増加した。
    • 最も支出額が高い国・地域は中国であり、231,590円。前年(平成25年度)の191,741円に比べ20.8%増加した。
    • 中国における「土産買物費」の支出額は161,234円。前年(平成25年度)の122,684円に比べ31.4%増加した。
  • 「訪問先」は、「新宿・大久保」が55.4%、「銀座」が50.0%、「浅草」が49.2%となっている。
  • 「一番満足した場所」は、「銀座(12.2%)」「浅草(10.7%)」、「新宿・大久保(10.3%)」となっている。
  • 上記の「一番満足した場所」で行った活動は、「銀座」は「ショッピング(62.7%)」、「浅草」は「歴史的・伝統的な景観、寺・神社、日本庭園(66.2%)」、「新宿・大久保」は「ショッピング(44.1%)」となっている。
  • 訪都の満足度について、「大変満足」「満足」「やや満足」を合わせると96.1%となっている。

※結果の概要は、別紙1「平成26年度 国別外国人旅行者行動特性調査 結果概要」(PDF形式:516KB)を参照
※国別の特徴については、別紙2「平成26年度国別外国人旅行者行動特性調査国籍別特徴概要」(PDF形式:261KB)を参照

2 調査結果詳細

 別紙3「平成26年度国別外国人行動特性調査報告書」(PDF形式:1.70MB)を参照

参考 【「国別外国人旅行者行動特性調査」の手法】

 訪都外国人旅行者の行動特性を国籍別に四半期毎に調査。
 (総標本数:15,132サンプル。うち、「東京を訪問した」と回答した13,321サンプルについて集計。)

  • 羽田空港・成田空港における国際線ターミナル搭乗待合ロビーにおいてアンケートを実施
  • 平成26年度(平成26年4月~平成27年3月)の訪都外国人旅行者の行動特性(訪都外国人旅行者の属性と訪都の状況、訪都外国人旅行者の行動等)について、国籍別の集計を実施

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4723

ページの先頭へ戻る