ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月25日  福祉保健局

大学生が考える。大学生が手話で楽しむ。
話そう!手のことば

TOKYO手話カレッジ

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、聴覚障害者が、安心して東京を訪れることができるよう、東京都と公立大学法人首都大学東京、NECが協働で、手話及び聴覚障害についての理解と関心を深めることを目的としたイベントを開催します。
 春香クリスティーンと佐野ひなこによるラジオ公開録音を行うほか、学生手話サークルによるステージ発表、大学教授による基調講演など多彩なイベントを予定しています。(手話通訳等情報保障有)

1 日時

 平成27年11月8日(日曜日)10時00分から16時30分まで

2 会場

 首都大学東京南大沢キャンパス(八王子市南大沢一丁目1番)

3 主催

 東京都

4 共催

 公立大学法人首都大学東京、NEC

5 協力

 東京都聴覚障害者連盟、東京都中途失聴・難聴者協会

6 参加者

 都内在住・在学の学生及び一般参加者
 (入場無料。ステージプログラムのみ要事前申込)
 申し込みはイベント事務局へ(http://tokyo-syuwa-college.com/
※応募者多数の場合、抽選になります。

ステージプログラム

10時30分~12時30分

  • 学生による手話パフォーマンス(都内大学、高校から出演)
  • 手話ダンスパフォーマンス
    (出演:HANDSIGN、マカローニ、emi、SOUL FAMILYなど)

13時00分~14時30分

  • 基調講演「障害者権利条約とわが国の障がい者法の課題」
    首都大学東京人文科学研究科社会行動学専攻社会福祉学教室 矢嶋里絵 教授

14時45分~16時00分

  • 春香クリスティーンと佐野ひなこによる文化放送ラジオ公開録音

教室プログラム

  • クイズに挑戦して、正解された方の中から抽選で、映画オリジナルグッズをプレゼント
  • 大学生参加型ワークショップ「「聞こえない」について考える」
  • NECによる、ユニバーサルデザインをテーマにしたワークショップや、聴覚障害者向けIT機器・ソリューションの紹介等
  • 手話フィルム上映「珈琲とエンピツ」(ゲスト:映像作家 今村彩子)
  • 補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)デモンストレーション

その他

  • 手話で注文する手話カフェ(協力:Social Café Sign with me)

※別添 TOKYO手話カレッジチラシ(PDF形式:2.63MB)

 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略3「日本人のこころと東京の魅力の発信」
 政策指針7「「おもてなしの心」で世界中から訪れる人々を歓迎する都市の実現」」

問い合わせ先
福祉保健局障害者施策推進部自立生活支援課
 電話 03-5320-4147

ページの先頭へ戻る