ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月17日  福祉保健局

介護のコト体験フェア
~来て!見て!感じて!!フクシのコト~

 東京都は、11月11日の「介護の日」にちなみ、誰もが介護や福祉の仕事に親しみを持っていただけるよう「介護のコト体験フェア」を開催します。
 当日は、各コーナーでプロの介護技術を体験できるほか、ブラインドサッカー体験など、中学・高校生の方も楽しめるイベントになっています。是非ご参加ください。

画像

昨年は、1,300人以上の方にご参加いただきました!

日程

会場

東京国際フォーラム 展示ホール2
(JR、地下鉄有楽町線 有楽町駅 徒歩1分)

対象者

 介護・福祉の仕事に興味・関心がある方(学生など)、 介護問題に興味・関心がある方、在宅で介護をしている方

入場料等

 入場無料、事前申込不要

内容

  • プロのワザを体験できるWonderland!
     「腰を痛めない介護のポイント」
     リフレッシュできる足浴のポイント」
     「認知症のリハビリと介護について」ほか
  • ステージ企画「これからの介護・福祉、その魅力(仮題)」
    • トークショー「今!これから!フクシがアツい!!」(NPO法人Ubdobe岡勇樹氏)
    • トークショー「東京ホームタウンプロジェクト」(NPO法人サービスグラント嵯峨生馬氏)
    • 認知症と家族愛をテーマとした笑いあ り涙ありのドキュメンタリー映画上映 ほか
  • 体験型企画「フクシ×○○=君の未来」
    • 介護ロボット デモンストレーション・コミュニケーション体験
    • ブラインドサッカー体験 (日本ブラインドサッカー協会)
  • 福祉の仕事や介護の悩み等なんでも相談コーナー
    • 資格取得・進路・就職、家庭での介護など、テーマごとに相談コーナーを設置
  • アクティブ福祉in東京’15(第10回高齢者福祉研究大会)賞贈呈式

※プログラムの詳細は、東京都福祉人材センターのホームページに掲載しています。

※当日会場でアンケートに答えていただいた方に、もれなくオリジナルグッズを差し上げます。

※「介護の日」とは

 高齢化等によって介護が必要な人が増加する中、介護に関わる課題は多様化しています。「介護の日」は、多くの方に、介護を身近なものとして捉えてもらい、それぞれの立場で介護を考え、関わってもらうことを目的に定められたものです。

東京都長期ビジョン

本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
都市戦略5 「福祉先進都市の実現」
政策指針12「高齢者が地域で安心して暮らせる社会の実現」

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課
 電話 03-5320-4049
東京都福祉人材センター
 電話 03-5211-7923

 

ページの先頭へ戻る