トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 学生の新しい視点で産地および農産物の新しい魅力をPR

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月14日  中央卸売市場

産地・学校・豊島市場が初めて連携!学生の新しい視点で農産物の魅力をPR

 東京都中央卸売市場豊島市場は、青果物の新たな「産地支援」と都民の「食事を楽しむ生活」を市場ぐるみで応援する、新しい事業として『豊島市場の提案 想いをつなげる市場へ』プロジェクトに昨年度から取り組んでいます。
 本年度は、東京都中央卸売市場において史上初の企画として、産地・学校・豊島市場が連携して、産地および農産物の新しい魅力を学生の新しい視点によって発掘し、産地の想いと農産物の魅力を消費者に届けます。

画像

平成27年度の実施企画 概要

2万人が選ぶ!?『にっこり梨グルメコンテスト』を開催!!

 華調理製菓専門学校と塩野谷農業協同組合(栃木県さくら市、以下JAしおのや)、豊島市場が連携し、平成27年11月1日(日曜)の豊島市場まつりにて「にっこり梨グルメコンテスト」を開催します。学生が開発したオリジナルレシピを、来場者に試食してもらい、投票によって入賞レシピを決定します。また、学生が産地や「にっこり梨」について学ぶために、産地と学生の研修交流会を実施します。

学生がプランナー!!インターンシップで企画する農産物のPRイベントを開催!!

 東京家政大学の学生が、産地、豊島市場、小売店でインターンシップを実施します。産地や豊島市場で学んだ産地や農産物の知識を活かして、小売店で農産物のPRイベントを企画し開催します。学生は、産地に代わって農産物のプロモーションを実施し、実践を通して、マーケティングやプロモーション手法を学びます。

15(いちご)の日!!巣鴨地蔵通り商店街で栃木県産いちごのPRイベントを開催!!

 平成28年1月15日(金曜)の「いちごの日」に、全国農業協同組合連合会栃木県本部(栃木県宇都宮市、以下、JA全農とちぎ)が、巣鴨地蔵通り商店街で栃木県産のいちごのPRイベントを開催します。

※別紙 各企画の取組み内容の紹介

問い合わせ先
中央卸売市場管理部市場政策課
 電話 03-5320-5725
中央卸売市場豊島市場
 電話 03-3918-0301

ページの先頭へ戻る