トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 小石川後楽園 第1回バックヤードツアー

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月9日  建設局

文化財庭園で大人の社会科見学!
小石川後楽園 第1回バックヤードツアー
庭師の仕事と小石川後楽園の「水」

 水戸徳川家初代藩主徳川頼房公によって造られ、2代藩主徳川光圀公の代に完成を迎えた小石川後楽園は、国の特別史跡・特別名勝の重複指定を受けている貴重な庭園です。
 当庭園を日々管理している庭師の仕事と、回遊式築山泉水庭園である小石川後楽園の血液ともいえる「水」について、庭園の裏側から探るバックヤードツアーを初めて開催します。
 普段は目にすることのない庭師の技を支える様々な道具や、庭園のしつらえの製作過程とその作業風景を見学いただくとともに、江戸時代の神田上水から始まる小石川後楽園の「水」について、その管理と流れ等をご案内します。
 小石川後楽園の新たな一面の発見に、皆様のご参加をお待ちしております。

画像 画像 画像
庭師の作業の様子 バックヤードツアーはこの門より始まる! 上段:植物による水浄化システム
下段:神田上水跡

1.日時

 平成27年11月1日(日曜)
 9時30分~、12時30分~ (各回60分程度)
※雨天中止
※ツアー実施の有無については、当日の8時40分以降に、小石川後楽園サービスセンターへご確認ください。

2.集合

 作業用通路入口前

3.内容

 庭師の親方によるバックヤード案内とワラ選り(すぐり)体験の後、植物による水浄化施設を含めた小石川後楽園の「水」についてのお話を、稲田まで作業用通路を歩きながらご案内します。

4.参加費

 無料(入園料別途)

5.定員

 各回20名(事前申込制)

6.申込方法

 往復はがきに下記をご記入の上、お申し込みください。

 (1) 氏名(ふりがな)・年齢・住所・電話番号
 (2) ご同伴者(1名まで可)の氏名・年齢
 (3) ご希望の回(9時30分・12時30分のいずれか)
 (4) 返信欄に返信先の住所・氏名

【申込先】 〒112-0004 文京区後楽1-6-6
 小石川後楽園サービスセンター 宛

【締切日】 10月15日(木曜)消印有効

※応募者多数の場合は抽選となります。
※結果は10月23日頃までに応募者全員に通知します。

小石川後楽園について

 江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。光圀は作庭に際し明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。

【開園時間】

 9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

【休園日】

 12月29日~1月1日

【住所】

 文京区後楽1-6-6

【交通】

 JR 水道橋駅西口・飯田橋駅東口下車 徒歩8分
 都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅下車 C3出口徒歩3分
 東京メトロ東西線・南北線・有楽町線 飯田橋駅下車 徒歩8分
 東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅下車 徒歩8分

【入園料】

 一般 300円 65歳以上 150円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料 ※10月1日(木曜)は「都民の日」で無料

【問い合わせ先】

 小石川後楽園サービスセンター 電話:03-3811-3015

【ホームページ】

 公園へ行こう!

【庭園ガイド】

 土曜日・日曜日・月曜日・祝日 11時00分・14時00分(各回60分程度)
 集合:シダレザクラ広場前 参加費:無料

【交通案内】

画像

【園内マップ】

画像

※『個人情報の取扱いについて』
 お申し込みの際に頂いた個人情報につきましては、当イベントに関わるご案内のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示提供することはございません。但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る