ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月24日  生活文化局

偽造した給与明細を提供して若者に消費者金融で借り入れさせ、投資講座を契約させていた3事業者に業務停止命令(3ヶ月)

 本日、東京都は、海外のスポーツ競技への賭け事を利用した投資手法講座を契約させていた3事業者(株式会社エコールソルディ、Sound System株式会社、株式会社ノーメイク)に対し、特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」という。)第8条に基づき、業務の一部を停止すべきことを命じました。当該3事業者は、「仲良くしてください」などと、勧誘が目的であることを明らかにしないまま、SNSを使って消費者を呼び出し、消費者金融での借り入れを執拗に促すなどの迷惑な勧誘を行っていました。

1 事業者の概要

事業者名

株式会社エコールソルディ

Sound System株式会社
(以下、「サウンドシステム」という。)

株式会社ノーメイク

業務内容

・講座運営(役務提供)
・契約

・勧誘

・消費者の呼び出し (以下、「アポ」という。)
・勧誘

代表者名

代表清算人 ※1 是石剛

代表取締役 鈴木満

代表取締役 坂口彰政

所在地
(営業所)

東京都港区港南 四丁目2番7号※2

東京都港区港南二丁目16番8

契約対象

名称「Asset Resource Academy(アセットリソースアカデミー)」
海外のブックメーカー※3を利用した、賭け事で利益を得る投資手法を教える講座(1時間×10回の講座と補助教材CD-ROM1枚。)の受講契約(以下、「本件契約」という。)

契約額

通常:52万5,000円 学生:43万2,000円

設立

     

資本金

100万円

100万円

100万円

売上高※4

約3億7,700万円
(平成25年8 ~平成27年6月)

約9,400万円
(平成25年8月~平成27年6月)

約1,600万円
(平成27年2月~平成27年6月)

契約件数※4

724件
(平成25年8月~平成27年6月)

 

 

※1 現在清算手続き中であり、清算法人として存続。
※2 登記簿上の所在地は、東京都中央区日本橋兜町5番1号。
※3 主に欧米において、スポーツ競技の勝敗や得点などにつき、独自の配当倍率を不特定多数の客に提示して、賭けの結果により的中者に配当することを業としている組織。
※4 事業者報告

2 勧誘行為等の特徴

(1) サウンドシステムまたはノーメイクの営業員がSNS(ミクシィ等)を用いて、「初めまして。良かったら仲良くしてください。」「自分も○○を学んでいます。会って話しませんか。」などのメッセージを消費者に送って友人関係を作った後、勧誘目的を告げずに消費者を喫茶店等に誘い出す。

(2) 喫茶店等で、営業員は「自分を変えてくれた人がいる。会って、話を聞いてみませんか。」などと消費者に言い、後日会う約束を取り付ける。

(3) 営業員は、消費者をマンションの一室にあるサウンドシステム・ノーメイクの営業所に連れて行く。営業所内の個室で、説明担当者が海外のブックメーカーで投資を行っている話をし、「確実に勝てる試合にしか賭けないから、大きく儲かることはないけど、確実に資産は貯まっていく。」「この賭け方を教えているスクールがある。」などと説明し、52万5千円の本件契約の勧誘を行う。

(4) 高額のため消費者が購入を断わると、説明担当者が消費者金融での借り入れを勧める。消費者が借り入れをためらうと、「儲かるんだから返済に困ることはない。」などと説得をし、消費者に借金をして契約することを決断させる。

(5) すぐに消費者に借り入れをさせるために、偽造した給与明細を消費者に渡し、さらに消費者金融での偽りの申告内容を具体的に指示する。消費者金融までは営業員が同行する。

(6) 借り入れ後、営業員が別のマンションの一室にあるエコールソルディの事務所に連れて行く。消費者は、契約書に署名した後、CD-ROMを受け取り、そのまま一回目の講座を受講する。

3 業務の一部停止命令の対象となる主な不適正な取引行為

不 適 正 な 取 引 行 為

特定商取引法の条項

 消費者に対し、「初めまして。良かったら仲良くしてください。」「自分も○○を学んでいます。会って話しませんか。」などと言って喫茶店等に誘い、「自分を変えてくれた人がいる。投資で成功して、今は社長をやっている。今度、その社長と会って、話を聞いてみませんか。」「確実に収入が入る方法をやっている人がいるんだけど、興味があったら今度その人に会ってみないか。」などと告げ、勧誘に先立って、本件契約の締結について勧誘をする目的である旨及び本件契約の内容を明らかにせずに、営業所への来訪を要請していた。

第3条
勧誘目的等不明示

 特定商取引法により、契約の申込み又は締結後、一定期間内は無条件で申込みの撤回又は契約の解除を行うことができるにもかかわらず、「クーリング・オフ期間内でも、CD-ROMを開封したら、クーリング・オフできなくなります。」などと、契約の解除に関する事項について不実のことを告げていた。

第6条第1項第5号
解除に関する不実告知

 本件契約の締結について勧誘をする目的であることを告げずに誘引した消費者に対して、不特定多数の一般人が自由に出入りしていないマンションの一室において、本件契約の締結について勧誘を行っていた。

第6条第4項
公衆の出入りする場所以外の場所での勧誘

 消費者が何度も断っているにもかかわらず、強い口調で繰り返し勧誘を行ったり、「そんなお金ないです。」と断る消費者に対して、消費者金融での借り入れを勧め、借り入れをためらう消費者を「儲かるんだから返済に困ることはない。」などと説得したうえに、当日中に借り入れするよう、偽造した給与明細を渡すなど、迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘を行っていた。

第7条第4号
省令第7条第1号
迷惑勧誘

 固定収入が無く、本件契約のための購入資金の無い学生に対して、財産の状況に照らして不適当と認められる勧誘を行っていた。

第7条第4号
省令第7条第3号
適合性原則違反

4 業務の一部停止命令の内容

 平成27年9月25日(命令の日の翌日)から平成27年12月24日までの間(3か月間)、特定商取引法第2条第1項に規定する訪問販売に係る次の行為を停止すること。

(1) 契約の締結について勧誘すること。
(2) 契約の申込みを受けること。
(3) 契約を締結すること。

5 今後の対応

 業務停止命令に違反した場合は、行為者に対して特定商取引法第70条の2の規定に基づき2年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はこれを併科する手続きを、法人に対しては特定商取引法第74条の規定に基づき3億円以下の罰金を科する手続きを行う。

《参考1》東京都内における本件契約に関する相談概要(平成27年9月18日現在)

平均年齢

相談件数 

25年度

26年度

27年度

合計

23.5歳

0件

12件

5件

17件

《参考2》3事業者の関係性

 本件契約は、サウンドシステムの二次代理店であるノーメイクによって消費者へのアポが行われ、サウンドシステム及びノーメイクによって勧誘が行われている。契約手続き及び消費者への講座提供は、エコールソルディが行う。
 エコールソルディは、契約者の支払代金の一部を報酬としてサウンドシステムに振り込む。サウンドシステムでは、サウンドシステムの取り分を引いた金額を、ノーメイクに振り込む。

画像

消費者へのアドバイス

  • 投資活動はリスクがあるため、本来は余剰資金で行うものです。投資に関する商品等を、借金をしてまで購入する必要があるかどうか、慎重に検討してください。
  • SNS等で知り合った人から「人を紹介したい」などと言われた場合、商品等を勧誘することが目的である可能性があります。また、営業所の個室に連れていかれた場合、勧誘を断ることは非常に困難になります。よく知らない人からの連絡・誘いには、十分に注意しましょう。

<参考>

  • 東京都消費生活総合センター 03-3235-1155(相談専用番号)
  • 同様の手口に心当たりのある方は、悪質事業者通報サイトにも情報をお寄せください。

※参考資料 事例1~4

問い合わせ先
生活文化局消費生活部取引指導課
 電話 03-5388-3073

ページの先頭へ戻る