トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 大学の事務担当者の業務用メールアドレス流出について

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月10日  教育庁

大学の事務担当者の業務用メールアドレスの流出について

 東京都教育庁人事部選考課において、教育職員免許状の一括申請(大学を通しての免許状申請)を希望する都内の大学に対し事務手続の連絡を行う際、選考課の事務担当者がメールアドレスを誤って宛先欄に入力して送信する事故が発生しました。
 このような事故が起きたことは、広く都民の皆様の信頼を損ねることであり、深くお詫び申し上げますとともに、事故の状況を報告し、今後の対応等について下記によりお知らせします。

1 事故の概要

 選考課の事務担当者が、教育職員免許状の申請を希望する都内の大学161校に対し、事務手続についての連絡を行う際、大学の事務担当者の業務用個人メールアドレス63名分を含む207の送付先のメールアドレスをbcc欄ではなく、誤って宛先欄に入力し、送信してしまった。

(1) 発生日時

 9月9日(水曜日)午後6時48分

(2) 発生場所

 教育庁人事部選考課

(3) 流出した情報

 大学の事務担当者63名分の業務用個人メールアドレス

2 経緯

 (1) 9月9日(水曜日)午後6時48分に、平成27年度教育職員免許状の申請について一括申請を希望する大学に対し、事務手続の連絡や情報提供等をメールにて送付する際、メールの宛先欄に全員のメールアドレスを入力して一斉に送信してしまった。

 (2) 9月9日(水曜日)午後6時50分に、大学担当者とあわせて選考課の担当者宛てに送信したメールを確認したところ、宛先欄に入力したことに気づき、事故が発覚した。

 (3) 現在のところ、二次被害等の報告は受けていない。

3 事故発生後の対応

 9月10日(木曜日)午前10時2分に、207の送付先全てに対し、メールにて、今回のメールアドレスの流出について謝罪を行うとともに、送信メールの削除について依頼した。

4 今後の対応

 今後、外部へのメールによる情報提供を行う場合は、複数の担当者により、送信先及び添付ファイル等について確認することを、職員に対して再度徹底する。

問い合わせ先
教育庁人事部選考課
 電話 03-5320-6788

ページの先頭へ戻る