トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 多摩動物公園「ライオンバスの非常時対策訓練」を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月10日  建設局

ライオンバスの非常時対策訓練を実施します!

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、ライオンバスの非常事態発生に備え、乗客の救援誘導訓練を実施しますので、お知らせします。

1.日時

 平成27年9月28日(月曜)雨天決行 9時20分~10時30分
※訓練のため一般の方は乗車できません。営業運行開始は、10時45分頃からになります。

2.場所

 ライオン園(※「案内図」参照)

3.訓練の趣旨

 当園のライオン園は、バスに乗車し、ライオンのいる場所に入って観覧するサファリ形式の展示です。
 乗客の皆様に危険な事態が起きないよう、飼育担当者が常に監視しているほか、車両・施設等の点検も日々行っています。今回の訓練は万が一の事態においても、乗客の皆様を安全に救援誘導できるように備えるもので、年2回実施しています。

4.訓練の概要

 (1) 駅舎から乗客10人程度(乗客役の職員と記者等)を乗せたライオンバスが、ライオン園内でエンジン故障のためサファリ橋下の池付近で走行不能となる。運転手が駅舎に無線で状況報告と乗客救出を要請。
 (2) 駅長は直ちに関係各部署に連絡するとともに、救援バスの出動を指示。
 (3) 通報を受けた園長は、非常対策本部を設置し、各部署へ救援対応を指示。
 (4) 通報を受けたライオン監視室の飼育担当者は、直ちにジープ(救出援護車)を出動させ、ライオンが故障バスに近づかないように援護。
 (5) 救援バスは故障バスを平坦地までけん引した後、ジープの援護を得ながら故障バスの後方と連結。その後、飼育担当者の乗るジープが周辺にライオンがいないことを確認して、乗客の救出(乗り換え)を行う。
 (6) 救援バスにて、乗客は駅舎へ戻る。

※なお、ライオンバスの通常運行は、10時00分~16時00分までです。
※ライオンバスは平成28年4月1日より、当面の間、運行を休止する予定です。(平成27年7月23日発表)

画像 画像
【昨年の訓練の様子】

案内図

画像

ご案内

 【多摩動物公園】

開園時間

 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)

休園日

 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)

入園料

 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る