トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 恩賜上野動物園 アイアイの「アラ」がイギリスに移動

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月7日  建設局

アイアイの「アラ」が繁殖を目指してイギリスに旅立ちます!

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、絶滅が危惧されるアイアイの繁殖を目指すため、アイアイの「アラ」(メス)を、イギリスのジャージー島にあるダレル野生動物保全トラスト(Durrell Wildlife Conservation Trust)へ移動することになりましたので、お知らせいたします。

1 移動するアイアイ

画像
今回移動する「アラ」
  1. 名前 アラ(Ala)(マダガスカル語で「森」の意味)
  2. 性別 メス
  3. 年齢 6歳3ヶ月(2009年5月22日、当園で誕生)

2 移動予定日

 平成27年9月10日(木曜)

3 経緯

 アイアイの生息地であるマダガスカルでは、環境破壊などでアイアイをはじめとする野生動物の多くが絶滅の危険にさらされており、国際的に連携して保全活動が進められています。当園では、マダガスカル国立チンバザザ動物園との共同研究に取り組み、これまで7回の飼育下繁殖に成功しています。今回は、世界中の動物園におけるアイアイの遺伝的多様性を保持することを目的として2013年に開催された、アイアイ国際会議(Aye-aye International Master Planning Meeting)での議論に基づき、ブリーディングローン(※)によって「アラ」の移動を行います。

※ブリーディングローンとは、繁殖を目的とした動物の貸借契約のことです。異なる施設の間での動物の移動をおこないますが、所有権の移転を伴いません。

4 当園の飼育状況

 8頭(オス4頭、メス4頭)(今回移動する「アラ」を含みません)
※アジア地域でアイアイを飼育する施設は当園のみです。

【参考】 アイアイ(ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、(公財)東京動物園協会保全対象種)

  • 学名
    Daubentonia madagascariensis
  • 英名
    Aye-aye
  • 分類
    霊長目 アイアイ科
  • 分布
    マダガスカル
  • 体長
    頭胴長36~44センチメートル、尾長50~60センチメートル
  • 体重
    2~3キログラム
  • 生態
    夜行性でほぼ単独で生活しており、野生での餌は、果実やラミーという木の種、幼虫などです。
    一生伸び続ける前歯で堅い実などに穴をあけ、極めて細長い中指を差し込み、中身をかき出して食べます。繁殖時の妊娠期間は155日前後で、枝で組んだ巣の中で通常は1頭の子を産みます。

※ワシントン条約附属書1表と絶滅危惧1B類の数字の正しい表記はローマ数字です。

ご案内

【恩賜上野動物園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
 9月20日(日曜)~9月22日(火曜・休日)は、18時00分まで開園(入園は17時00分まで)。
<休園日>
 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
 9月21日(月曜・祝日)・22日(火曜・休日)は開園。
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
 電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る