トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 恩賜上野動物園 ライチョウが死亡しました(4・5羽目)

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月6日  建設局

ライチョウが死亡しました(4・5羽目)

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、絶滅危惧種で国の特別天然記念物である日本産ライチョウを飼育していましたが、平成27年9月5日と6日に各1羽が死亡したことを確認しましたので、お知らせします。

1 死亡した個体

画像
7月27日のライチョウのヒナ
  1. 死亡確認日時
    平成27年9月5日(土曜)21時58分
  2. ヒナ番号
    No.1(メス)
  3. 日齢
    生後69日(孵化日:平成27年6月28日)
  4. 死亡時体重
    221グラム
  5. 死亡確認日時
    平成27年9月6日(日曜)7時38分
  6. ヒナ番号
    No.4(メス)
    ※平成27年7月16日に発表した卵殻を用いた雌雄判定の結果はオスでしたが、死亡後に解剖したところメスであることがわかりました。
  7. 日齢
    生後70日(孵化日:平成27年6月28日)
  8. 死亡時体重
    296グラム

2 死亡原因

  • 不明(消化吸収機能の不良の疑い)
  • 解剖所見
    ヒナ番号 No.1 内臓や筋肉に軽度の貧血が見られた。また心嚢水(しんのうすい)と腹水の少量貯留、肺の一部に出血が見られた
    ヒナ番号 No.4 全身に重度の貧血が見られた。また、心嚢水および腹水の貯留、心臓及び腎臓に点状の出血が見られた。
    ※消化吸収機能の不良の原因については、組織検査・細菌検査等を引き続き実施し、調査していきます。
    ※家禽の大量死につながる病原性細菌等は現在のところ見つかっていません。

3 死亡に至る経緯

 飼育場所:東園ライチョウ孵化育雛(いくすう)施設(非公開)
 室内温度:約20度
 主な餌:ニワトリのヒナ用の餌、ウサギモルモットペレットを粉砕したもの、ケール、小松菜
 状況:幼鳥を育てるための育雛(いくすう)箱の中で全羽一緒に飼育していたが、8月28日(金曜)から感染症対策のため金属製ケージに移動した。

ヒナ番号 No.1

8月28日(金曜)   感染症対策のため、育雛箱から金属製ケージに移動
8月29日(土曜)   体重減少が著しいため強制給餌。細菌または真菌への感染を想定した治療を開始
9月5日(土曜) 14時00分 水溶性下痢を確認。ブドウ糖液の経口投与
  20時00分 起立不能を確認
  20時30分 動物病院の保育器へ移動
  21時58分 死亡を確認

ヒナ番号 No.4

8月28日(金曜)   感染症対策のため、育雛箱から金属製ケージに移動
8月29日(土曜)   細菌または真菌への感染を想定した治療を開始
8月31日(月曜)   強制給餌を開始
8月31日~9月5日   体重減少、食欲低下ではあったが、採食行動は確認されていた
9月6日(日曜) 7時00分 ふらつきが見られた
  7時20分 動物病院の保育器へ移動
  7時38分 死亡を確認

 今回の死亡で、上野動物園で飼育中の日本産ライチョウはいなくなりました。

4 ライチョウの国内飼育状況(9月6日現在)

 富山市ファミリーパーク:オス3羽

5 ライチョウ飼育の経過

 6月5日 乗鞍岳から5卵を採取し、上野動物園へ輸送
 6月6日 上野動物園到着後、孵卵器に入れる
 6月27日午前7時00分 3個の卵の嘴打(はしう)ち(※1)を確認
 6月27日午後6時00分~6月28日午前4時00分 5羽のヒナが順次孵化
 6月29日 全てのヒナが餌を食べていることを確認
 8月26日 1羽目死亡(死因不明)
 8月27日 2羽目死亡(死因不明)
 9月4日 3羽目死亡(死因不明)
 9月5日 4羽目死亡(死因不明[消化吸収機能の不良の疑い])
 9月6日 5羽目死亡(死因不明[消化吸収機能の不良の疑い])
 (※1 嘴打ち:ヒナが卵から出るために卵の内側から嘴で卵の殻を割り始めること)

【参考】ライチョウ(キジ目 ライチョウ科)(環境省レッドリスト:絶滅危惧1B類(EN)、特別天然記念物)

  • 学名
    Lagopus mutus japonicus
  • 英名
    Rock Ptarmigan
  • 体長
    約37センチメートル
  • 体重
    400~450グラム
  • 分布
    本州中部高山帯(頚城山塊、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、南アルプス)
  • 生態等
    日本産ライチョウは、世界に分布するライチョウ23亜種中、最南端に隔離分布する亜種であり、日本列島が地続きであった最終氷期に大陸から移り棲み、その後温暖になると共に高山帯に取り残された、氷河期の遺存種とされています。羽色は季節によって変化し、夏羽では黒褐色に白斑が混じり、冬には尾羽を除き純白になります。オスには目の上に赤いトサカがあり、春の繁殖期にもっともよく目立ちます。標高2,200~2,400メートル以上の高山帯で繁殖し、冬季には亜高山帯にも降りて生活します。一夫一婦制でオスはテリトリーを持ち、メスに誇示行動をします。1回の産卵で6~7個の卵を産み、23日で孵化します。ヒナの全身は綿羽で覆われ、目も開いていて、孵化後数時間で立って歩き、餌を食べるようになります。

※絶滅危惧1B類の数字の正しい表記はローマ数字です。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
 電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る