トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 9月 > 明治の森高尾国定公園 「日本トイレ大賞」を受賞

ここから本文です。

報道発表資料  2015年9月4日  環境局

明治の森高尾国定公園内の大見晴園地トイレが
「日本トイレ大賞」を受賞しました

 このたび、明治の森高尾国定公園内の大見晴園地トイレが、内閣官房が主催する日本トイレ大賞(空間部門・公衆トイレ)を受賞しましたのでお知らせします。
 日本トイレ大賞は、国が進める、快適なトイレを増やすための取組(ジャパン・トイレ・チャレンジ)の一環として今年度、新たに設置されました。
 今回受賞したトイレは、東京都が高尾山の山頂近くに設置されていた施設を平成24年6月にリニューアルオープンしたものです。ブースの増設などにより混雑を解消するとともに、ベビーシートの設置など、女性や家族連れにも快適に利用できる環境を整えました。
 都は、今後も、大勢のお客様に東京の自然環境の豊かさをご堪能いただけるよう、安全安心で快適な自然公園の環境整備に努めていきます。

画像 画像

問い合わせ先
環境局自然環境部緑環境課
 電話 03-5388-3507

〔参考〕

1 大見晴園地トイレの位置

画像

2 トイレの特徴

  • 建物の外観は自然景観になじむよう山小屋風
  • 山岳便所初の2階建てとしブース数を増やすことで、改修前、一時間に及んだ行列を解消
  • 悪臭を軽減し、衛生的な環境を確保するため、山の地形に沿って下水道につなぎ、水洗化
  • 全ての個室に手すり、ウォシュレット完備 女子トイレ便器は洋式(一室除く)
  • ブースは面積を広くとり、バックパックの着脱や介助、着替え、身づくろい等を行いやすく多目的化。ブース内にフィッティングボード、ベビーシート、ベビーキープ、男児用便器を設置

3 改築前の旧トイレと混雑状況

画像 画像

ページの先頭へ戻る