ここから本文です。

平成27(2015)年7月23日更新

報道発表資料

〔別紙〕

平成27年度災害ボランティアコーディネーター養成講座

<実施内容>
コース 対象 講義内容 実施時期 定員 参加費
S級 NPO、ボランティアセンター、区市町村社会福祉協議会のスタッフ、
都及び東京都社会福祉協議会が実施した災害ボランティアコーディネーター派遣事業(長期派遣型)に参加された方 等
・災害と被災地・被災者支援を考える
・過去の大震災を踏まえた、災害ボランティアコーディネーターの役割と課題
・協働型災害ボランティアセンターのあり方について
・都内での相互支援のあり方
・多様な団体との連携・協働について考える
・広域的な視点に立った支援活動を考える 等
(事例演習、図上訓練等を研修の中に位置づけ実務を習得)
・災害ボランティアセンターにおける広報について
第1期 平成27年11月実施(予定)
区部及び多摩地区で各1日実施
区部 30名
多摩地区 30名
2,000円
第2期 平成27年12月実施(予定)
第1期と同様、区部及び多摩地区で各1日実施
区部 30名
多摩地区 30名
2,000円
A級 災害ボランティア活動を一定程度経験された方、
都及び東京都社会福祉協議会が実施した災害ボランティアコーディネーター派遣事業(短期派遣型)に参加された方 等
・災害ボランティアセンターの機能と役割
・災害ボランティアコーディネーターの役割と実態
・地域のニーズを把握する
・被災地ニーズとボランティア活動のマッチング方法 等
(事例演習、図上訓練等を研修の中に位置づけ実務を習得)
第1期 区部会場 平成27年9月8日(火曜)
多摩会場 平成27年9月15日(火曜)
区部 30名
多摩地区 30名
無料
第2期 平成28年2月~3月実施(予定)
区部及び多摩地区で各1日間実施
区部 30名
多摩地区 30名
無料
B級 災害ボランティア活動経験者で、コーディネーター業務に関心のある方 等 ・災害ボランティアとは
・災害ボランティアコーディネーターとは
・災害ボランティアセンターの運営内容
・災害ボランティアの安全衛生 等
平成27年11月実施(予定) 100名 無料

※A級第1期の区部会場は全水道会館(文京区)、多摩地区会場は立川市社会福祉協議会(立川市)を予定しています。
※予定となっている部分については、決まり次第、東京ボランティア・市民活動センターのホームページにアップします。
※講座修了者には、各コースの修了証を交付します。

ページの先頭へ戻る