ここから本文です。

平成27(2015)年7月23日更新

報道発表資料

多摩動物公園

グレビーシマウマの赤ちゃんが2年ぶりに産まれました!

 摩動物公園(園長 福田豊)では、2年ぶりにグレビーシマウマの赤ちゃんが産まれました。すくすくと順調に育っており、可愛い姿をご覧いただけます。暑い日が続きますが、樹木が多く、木陰の涼しい多摩動物公園にぜひ遊びに来てください。

(1) 誕生したグレビーシマウマの赤ちゃん

誕生日

 平成27年7月13日(月曜)

名前(性別)

 ランディ(オス)

両親

 母親:ライチ 1999年3月26日 多摩動物公園生まれ
 父親:アンディ 2001年6月13日 富山市ファミリーパーク生まれ

画像
【グレビーシマウマの親子】

(2) 赤ちゃんの様子について

 母親ライチは4回目の出産で、非常に落ち着いて子育てをしています。常に赤ちゃんを庇いそばから離さず、赤ちゃんもお母さんに寄り添って、いつも一緒に付いて歩いています。たどたどしかった歩き方も、しっかりとしてきて、今ではスキップを踏むように走ったりするようになりました。お母さんの母乳の出も大変よく、赤ちゃんはお乳を飲むなど、順調に育っています。

(3) 公開場所

 アフリカ園サバンナの小放飼場
※当面は親子での公開とし、環境に慣れたところで群れに入れる予定です。動物の体調によっては、ご覧いただけない場合があります。

(4) 当園での飼育状況

 4頭(オス2頭・メス2頭) ※今回産まれた赤ちゃんを含みます。

(5) 日本国内の飼育状況(2014年12月末現在)

 8園館 19頭(オス9頭・メス10頭)
※資料:グレビーシマウマ国内血統登録、(公社)日本動物園水族館協会

参考

グレビーシマウマ
 (ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)
※「1表」及び「1B類」の数字「1」の正しい表記はローマ数字です。

学名

 Equus grevyi

英名

 Grevy's zebra

分類

 奇蹄目ウマ科

分布

 エチオピア、ケニア北部の草原地帯

体長

 肩までの高さ1.4~1.6メートル

体重

 350~420キログラム

特徴

 シマウマのなかでは最も大型です。丸くて大きな耳を自在に動かし、体の位置を変えずに遠くの音の方向を知ることができます。体のしま模様は、幅が狭くて数が多く、足のしまがひづめの上まであり、腹部にはしまがないのが特徴です。5~20頭くらいの小さな群れで、草原や木のまばらな林に暮らしています。現在、野生での生息数は2,000頭前後で絶滅が心配されています。

「ムササビの棲む森を見よう」参加者募集!

 当園では、日没にかけて滑空するムササビがどんな森に棲んでいるのかを考えながら行う自然観察会を開催します。観察前に、当園でムササビの棲む場所や滑空の秘密などを探るレクチャーを行い、その後、夜間運転中のケーブルカーを往復利用して高尾山薬王院に移動します。ムササビの生活環境を観察しながら、それを育む自然について一緒に考えてみませんか。
※ムササビは野生動物のため、観察できない場合があります。

画像
【高尾での観察会の様子】

(1) 日時

 平成27年9月6日(日曜) 14時00分~20時30分頃
 14時00分 ウォッチングセンター動物ホール集合
 20時30分 京王高尾線「高尾山口駅」解散

(2) 場所

 当園及び高尾山薬王院周辺
(小雨決行です。雨天時・荒天予報時は中止しますが、動物園でレクチャーを実施します)

(3) 定員

 40名 小学4年生以上(小学生は保護者同伴)

(4) 参加費

 大人:1,000円、小学生:500円
(ケーブルカー代・資料代等) ※多摩動物公園~高尾山口駅までの交通費は各自負担

(5) 応募方法

 往復はがきに、参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)・代表者の氏名・住所・当日連絡可能な電話番号、返信面に代表者の住所・氏名を明記し、以下のあて先まで申し込んでください。はがきは1組1枚とします。なお、保険手続きの関係上、はがきに記載の方のみのご参加となります。
※応募多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。

【あて先】
 〒191-0042 日野市程久保7-1-1
 多摩動物公園「ムササビの棲む森を見よう!」係
【締切】
 平成27年8月7日(金曜)消印有効

ライオンバス運行休止とイベント実施のお知らせ ~ さよならライオンバス また会う日まで ~

 当園では、ライオンバス発着場の耐震化に伴う工事のため、以下のとおり当面の間ライオンバス運行を休止いたします。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。
 なお、運行休止に伴う「さよならイベント」につきましては、第1弾を以下のとおり予定しています。第2弾以降については、決定次第お知らせいたします。

(1) 休止施設

 アフリカ園 ライオンバス

(2) 運行休止時期

 平成28年4月1日(金曜)より ※再開時期は未定ですが、決まり次第お知らせいたします。

(3) さよならイベント

1)ライオンバストワイライト運行(平成27年7月9日発表済み)

 8月の土曜日曜及び8月13日、14日のサマーナイト(開園時間を20時00分まで延長)期間にライオンバスを18時00分まで運行します(最終発券17時55分)。

2)ライオン飼育経験者座談会(平成27年7月9日発表済み)

 当園のライオン飼育経験者が、ライオンについて座談会方式で語ります。

 日時:8月29日(土曜) 16時00分~17時00分
 場所:ウォッチングセンター 動物ホール

3)ライオンバス特別ガイド

 始発、2台目のバスに職員が同乗して、ライオンについてのガイドを実施します。

 日時:9月19日(土曜)・9月20日(日曜)
 場所:アフリカ園 ライオンバス

4)ライオンバスの歴史パネル展示

 今年で51年目を迎えたライオンバスの歴史をパネル展示で振り返ります。

 日時:9月17日(木曜)~9月23日(水曜・祝日)9時30分~16時30分
 場所:ウォッチングセンター エントランスホール

(4) その他

 工事開始後は、ライオンの展示も休止いたします。ただし、放飼場の一部を仮囲いし、その中にライオンを出すことがあります。その際は園路からライオンをご覧いただけます。(ライオンの展示休止時期については、詳細が決まり次第お知らせします。)

画像 画像
【現在運行中のライオンバス】

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
 8月は、毎週土曜・日曜および13日(木曜)、14日(金曜)が、9時30分~20時00分(入園は19時00分まで)。
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る