ここから本文です。

平成27(2015)年7月9日更新

報道発表資料

〔別紙〕

1 特設展「はまったらぬけだせない! 干潟の誘惑 ~東京湾のトビハゼとその仲間たち~」を開催します!

 葛西臨海水族園(園長 田畑直樹)では、この夏より、「東京湾の干潟」をテーマにした特設展を開催します。春から初夏、潮干狩りを楽しむ人でにぎわう干潟は、たくさんの生き物がくらす大切な環境です。特設展「はまったらぬけだせない! 干潟の誘惑 ~東京湾のトビハゼとその仲間たち~」では、東京湾の干潟の魚を代表するトビハゼをとおして、干潟の環境とそこにくらす多様な生き物たちの興味深いくらしを紹介します。東京湾にくらすトビハゼの現状や、私たちの生活にもつながっている干潟の重要性について、楽しく学べる展示です。きっとあなたも干潟の誘惑にはまるはず!

画像
【ドロドロ干潟へ出発!】

(1) 日時

 平成27年8月1日(土曜)~10月31日(土曜)

(2) 場所

 本館1階「東京の海」エリア

(3) 展示内容

ぼくはトビハゼ

 魚なのに、陸上で生活しているトビハゼ。干潟という環境に適応した体のヒミツを紹介します。なんとなく愛嬌のある、トビハゼ特有の行動もお見逃しなく!

トビハゼがくらす干潟

 干潟の環境をおよそ5倍の大きさの模型で再現。干潟は、一見すると、何もいない泥や砂の平野に見えますが、実はいろいろな生き物が隠れています。さあ、どんな生き物に会えるかな?

東京湾のトビハゼ

 かつて、東京湾奥部には広大な干潟が広がっていました。現在、沿岸部の開発や埋め立てが進み、すみかが少なくなったトビハゼは、準絶滅危惧種(環境省レッドリスト(2007))に指定されています。ここでは、東京湾のトビハゼを守る取り組みを紹介します。

画像
【東京湾に残ったわずかな干潟にくらすトビハゼ】

トビハゼ研究所

 トビハゼのユニークな子育てについて、最新の研究結果をご紹介。トビハゼの巣穴の模型や、巣穴の内部を撮影した映像など、他ではなかなか見られない貴重な資料を展示します。

干潟へ遊びに行こう!

 この特設展を訪れた人は、きっと干潟に行きたくなるはず! そこで、水族園の目の前にある人工干潟「西なぎさ」を例に、「いつ行けばいいの?」「何を持っていけばいいの?」など、干潟遊びに関する皆様の疑問にお答えします。

2 夏の特別イベント「Night of Wonder~夜の不思議の水族園~」

 葛西臨海水族園は、お盆期間中8月13日(木曜)からの4日間、開園時間を3時間延長し、開園中に水槽の照明を消し、魚たちと一緒に夜を迎える特別イベント「Night of Wonder」を、今年も行います。
 今年で3年目となる本イベントでは、昨年よりもガイドやイベントをさらに充実させ、より多くのお客様にお楽しみいただける内容になっています。
 今年のテーマは「アイランド」。世界中の海の環境を展示で再現した葛西臨海水族園ならではの、様々な「アイランド」の水槽をご覧ください。夜ならではの特別なガイドや楽しいイベントをご用意してお待ちしております。ぜひご来園ください!
 なお、夜の不思議な水族園を体験していただくため、照明消灯以降、館内及び水槽内は通常よりもかなり暗くなりますので、ご理解・ご了承の上、お楽しみください。

画像
【幻想的な夜の葛西臨海水族園】

協力:ジャマイカ政府観光局、ドミニカ共和国大使館

ナイトアクアリウム

 夜の水族館ならではの特別なガイドを用意しました。普段は見ることができない生き物たちの様子をこの機会にぜひご覧ください。

(1) 夜のスペシャルガイド

日時

 平成27年8月13日(木曜)~16日(日曜)
 各日3回
 1回目:17時30分~
 2回目:18時30分~
 3回目:19時00分~

場所
  1. 「大洋の航海者」エリア
    マグロ水槽(アクアシアター)
  2. 「ペンギンの生態」エリア
    ペンギンテラス
  3. 「海鳥の生態」コーナー
内容

 水族園を代表する生き物、マグロやペンギン、海鳥たち。眠りにつく生物、活動を始める生物など、夜の生態をスタッフが特別にガイドします。

画像
【夜ならではのスペシャルガイド】

(2) 「夜の生き物はどうしてる?」

日時

 平成27年8月13日(木曜)~16日(日曜) 各日18時00分~19時30分

場所

 「世界の海」エリア、「東京の海」エリア、「しおだまり」水槽ほか

内容

 水槽では毎日、日没前後にどんなことが起きるのでしょう?日中余り動きが活発でない生き物や日中泳いでいる魚たちが、暗くなってくるといなくなる!?
 昼と夜で異なる、水槽内の生き物の行動について、カリブ海、ハワイ沿岸、伊豆七島や小笠原諸島など、アイランドをテーマにした水槽を中心にして、夜に焦点を当てた特別ガイドをスタッフが行います。
 解説を行うスタッフは、発光する腕輪をつけていますので、館内で探してみてください。

画像
【水槽の魚がいなくなる!?】

(3) ワンダー・フィルム・フェスティバル(海の映像上映会)

日時

 平成27年8月13日(木曜)~16日(日曜)
 各日16時45分、18時45分

場所

 本館2階レクチャールーム

内容

 海の生き物のくらしは、不思議に満ちています。不思議の一端を解き明かす、海の生き物をテーマにしたドキュメンタリー映像の上映会です。水族園の職員による生き物の解説もあります。入退場は自由です。

上映作品

 邦題:タコの驚異(上映時間約60分)
 原題:The Octopus Show
 制作:ペック・ユワー(Peck Euwer)、マイク・ドゥグレイ(Mike DeGruy) アメリカ

 八本の足をもち、海中に潜む軟体動物、タコ。彼らのもつ驚異的な身体能力を、さまざまな工夫のもとカメラに収めました。有名な水中写真家で生物学者でもあるマイク・ドゥグレイが、世界各地で撮影した貴重な映像をご覧ください。

画像
【映像作品「タコの驚異」】

 邦題:青い惑星「深海」(上映時間約50分)
 原題:Blue Planet : The Deep
 制作:アラスター・フォセギル (Alastair Fothergil) イギリス

 永遠に夜が続く、深海。地球上でもっとも奇妙で、不思議に満ちた生き物がいる海です。連なる海底山脈、どこまでも深く続く海溝、深海サンゴ礁、熱水噴出孔……、さまざまな環境に適応した、さまざまな深海の生き物を紹介します。

画像
【映像作品「青い惑星『深海』」】
協力

 特定非営利活動法人 地球映像ネットワーク

(4) ビオランプ ~光に透ける、ウニの魅力~

 海辺で集めた貝殻やウニの殻などを用いてつくる、素敵なランプ「ビオランプ」。どうして美しいのでしょう。光が漏れてくる小さな穴は、光がつくる不思議なしま模様は、どうしてできているのでしょう。ウニの殻と生きたウニをじっくり見比べ、不思議のひみつを探してみましょう!
 観察のあとは、実際に親子で手作りにチャレンジします。ウニや貝の殻を組み合わせ、不思議なランプを親子で作ってみましょう。

画像
【ビオランプ】
1) 「ビオランプ」を観察しよう! つくってみよう!
  • 日時
    8月14日(金曜)、15日(土曜) 13時30分~15時30分
  • 場所
    本館2階レクチャールーム
  • 対象
    小学3年生以上の子どもとその保護者各1名
    ※必ず子どもとその保護者のペアでご参加ください。
  • 定員
    各日20名(10組) 計40名を対象(事前応募制)
    ※会場の都合上、参加される以外のご家族の方は会場内にお入りいただけません。
  • 応募方法
    往復はがきに、参加希望日、希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢・学年(子どものみ)と代表者の住所・氏名・電話番号、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、以下のあて先までお送りください。応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。
    【あて先】〒134-8587 江戸川区臨海町6-2-3
    葛西臨海水族園「ビオランプ」係
    【締切】平成27年7月31日(金曜)消印有効
2) 「ビオランプ」展示
  • 日時
    8月13日(木曜)~16日(日曜)18時00分~20時00分
  • 場所
    本館2階レクチャールーム前 特設会場

アイランド・ナイト

 夏真っ盛り! テントデッキやレストランテラスのビアガーデンで海風にふかれ、テントに映し出される島々の景色や海中の幻想的な映像を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

(1) アイランド・ビアガーデン

 よく冷えた生ビールやアイランド・ドリンク(ビールやスペシャルドリンク)を販売します。

日時

 平成27年8月13日(木曜)~16日(日曜)
 各日16時00分~19時30分

場所

 レストランテラス、テントデッキ

(2) アイランドナイト・大テント映像投影

 水族園を象徴する場所にはガラスドームやテントデッキなどがあります。
 今回、このテントへ大型プロジェクターで特別に編集、制作した幻想的な海の映像等を投影し、癒しの空間を醸し出します。

画像
【テントへの投影イメージ】
日時

 平成27年8月13日(木曜)~16日(日曜)
 18時45分~20時00分

場所

 レストランテラス、テントデッキ

アイランド・ミュージックフェスタ

 夕暮れのひと時、テントデッキで音楽を聴きながらくつろげば、まさに島のリゾート気分。日替わりでバンドによる生演奏を行います。

(1) 日時

 平成27年8月13日(木曜) 16時30分~、18時00分~ 各約30分

出演者

 栗コーダーカルテット+タバティ
 1994年結成。栗原正己、川口義之、関島岳郎の三人による「リコーダーやいろんな楽器」を使ったインストゥルメンタル・バンド。一聴するだけで「あの音だ!」とわかる唯一無二のサウンドは、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」や、通称「やる気のないダースベイダーのテーマ」などでもお馴染み。
 近年は全国のコンサートホールなどで年間100本を超える公演を行い、あらゆる世代から歓迎されている。今回はビューティフルハミングバードのギタリスト、タバティを迎えての登場となる。

画像 画像
【栗コーダーカルテット】 【タバティ】

(2) 日時

 平成27年8月14日(金曜) 16時00分~、18時00分~ 各約30分

出演者

 PAN CAKE(パンケーキ)
 スティールパン奏者の原田芳宏氏を中心に結成した、スティールパン、ギター、アコーディオンのトリオ。3人の創り出す音楽は、世界でも例を見ない極上のアコースティック音楽。聴く人を楽園へと導きます。葛西臨海水族園には3年連続の登場!

画像
【PAN CAKE(パンケーキ)】

(3) 日時

 平成27年8月15日(土曜) 16時00分~、18時00分~ 各約30分

出演者

 バンバンバザール
 楽しいライブで有名なアコースティックバンド。巨大ロックフェスにも出演する傍ら繊細なサウンドメイクに定評があり、NHK「みんなのうた」に「回れトロイカ」、「おかあさんといっしょ」に「あくびがビブベバ」などを提供している。
 またFM NACK5毎週火曜日「GOO GOO RADIO」のDJも10年間担当していて、世の中にGOODMUSICの種を蒔き続けている。

画像
【バンバンバザール】

(4) 日時

 平成27年8月16日(日曜) 16時00分~、18時00分~ 各約30分

出演者

 名渡山遼(なとやまりょう)
 ウクレレを新たなステージへと導く若き天才ウクレレ・プレイヤー。1993年生まれ。14歳でハワイのウクレレ・プレイヤーのオープニングアクトを務め、2010年ジェイク・シマブクロのジャパンツアーにも出演。2014年は5カ国のウクレレのビッグフェスに出演し、世界中からその超絶テクニックと癒しのプレイを認められた。今後の活躍が最も期待されるウクレレ・プレイヤーの一人である。2015年7月にはニューアルバム「UKULELE SPLASH!」を発売予定。愛用のウクレレを全て自身で制作するウクレレビルダーでもある。

画像
【名渡山遼】

ご案内

【葛西臨海水族園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
 8月は、毎週土曜・日曜が、9時30分~18時00分(入園は17時00分まで)。 ※15日(土曜)、16日(日曜)は以下の通り。
 8月13日(木曜)~16日(日曜)は、9時30分~20時00分(入園は19時00分まで)。
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
 7月29日(水曜)は開園。8月は休園日なし。
<入園料>
 一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る