ここから本文です。

平成27(2015)年7月9日更新

報道発表資料

〔別紙〕

サマーナイト@TamaZoo 2015
ゆったりのんびり夜の動物園

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、8月の土曜日・日曜日及びお盆期間に、夜間開園を実施(平成27年3月12日発表済)しますが、期間中の各展示の観覧終了時間や主な催し物についてお知らせします。

開園時間を延長する日(平成27年3月12日発表済)

 平成27年8月1日(土曜)・2日(日曜)・8日(土曜)・9日(日曜)・13日(木曜)・14日(金曜)・15日(土曜)・16日(日曜)・22日(土曜)・23日(日曜)・29日(土曜)・30日(日曜)

延長時間

 20時00分まで(入園は19時00分まで)
※園内が大変広く、また夜間開園に伴う動物への影響を考慮し、17時00分以降は一部のエリアを閉園します。
※期間中は、ライオンバスを18時00分まで運行します(最終発券17時55分)。なお、バス延長運行に伴う動物の展示準備のため、16時00分以降は一時的に動物がご覧いただけない時間があります。(この間はバスの運行も中止します)

画像
【ライオンバスも18時00分まで運行!】

内容

 日が暮れゆく園内で、普段見られない夕暮れから夜の動物たちの様子をご覧ください。各動物の放飼場の一部はほのかに明るく照らします。サバンナ放飼場で休むキリンを眺めながら、お食事やビールをお楽しみください。
※夜間開園のため、室内展示や展示場所、展示個体・展示時間を限定する場合があります。
※動物の体調によっては早めに展示を終了または中止する場合があります。

ご覧いただけない動物や施設

アフリカ園

 シマウマ・シロオリックス・ダチョウ

アジア園

 トキ舎・育雛(いくすう)舎・ツキノワグマ

オーストラリア園

 ワラビー・ワラルー・ワライカワセミ

観覧終了の時間

アフリカ園

 アフリカゾウ:土曜日19時30分(17時00分以降は室内展示)
 日曜日と8月13日・14日は18時30分

アジア園

 シロテテナガザル:18時00分
 ウォークインバードケージ:17時50分
 インコ:8月15日までは18時30分、8月16日以降は18時00分。その時刻以降は室内展示となりますので、ガラス越しにご覧ください)

昆虫園

 昆虫園本館:19時45分閉館(入館は19時30分まで)
 昆虫生態園:16時45分閉園(入館は16時30分まで)
※上記以外の動物は、概ね20時00分まで展示しますが、動物の健康管理の都合上、早めに寝小屋に入る場合があります。

夜間開園日の主な催し物

※特に記載の無いものは雨天決行ですが、天候により開催場所を変更する場合があります。
※動物の体調等により、中止や実施時間を変更する場合があります。

(1) サンセットアカデミー

 今年の夏は、夏休みの宿題に役立つような講演会や飼育係のスペシャルトーク、科学映画の上映や昆虫教室など、主に動物ホールを舞台に日替わりでイベントを実施します。名づけて「サンセットアカデミー」。たくさんの講座をご用意していますが、一部を除いて事前申込は不要です。たくさんの皆さんの参加をお待ちしています!

1) オープニング講演会「しっぽがない!」

 私たちヒトにはしっぽはあるの?コアラにはしっぽがあったかな?
 科学月刊誌「たくさんのふしぎ」2015年8月号『しっぽがない!』の著者が、そんな動物たちのしっぽの不思議についてお話しします。講演会の後は、はく製や骨格標本などを間近でご覧いただけるハンズオンも行います。

画像
【月刊「たくさんのふしぎ」】

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月1日(土曜) 16時00分~17時00分(ハンズオンは18時00分まで)
 講師:犬塚則久(古脊椎動物研究所)

2) 昆虫教室「セミのぬけがらを探してみよう!」「夏の鳴く虫を観察しよう」

 園内あちこちでたくさんみつかるセミのぬけがら。ぬけがらからわかるセミの種類判別法も教えます。この時期に鳴いている夏の鳴く虫も一緒にご紹介します。

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月2日(日曜) 16時00分~18時00分

3) 科学映画の上映と講演会「ニホンイヌワシ 森林の国に生きる」

 イヌワシが自然の中で子育てをする貴重な様子を撮影した科学映画「ニホンイヌワシ 森林の国に生きる」を上映後、撮影者の方から撮影時の苦労話などをお聞きします。

画像
【科学映画「ニホンイヌワシ森林の森に生きる」より】

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月8日(土曜) 16時00分~18時00分
 講師:Core・T・9(映画製作者)

4) スペシャルトーク「ヤマアカガエルの一生」

 当園で7月2日より開催中の特設展示「カエル学にゅうもん」にちなみ、多摩動物公園の自然の中にも生息しているヤマアカガエルの一生についてお話しします。

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月9日(日曜) 16時00分~17時00分

5) 国際テナガザル年記念スペシャルトーク「シロテテナガザル」

 今年は「国際テナガザル年」です。今年赤ちゃんも生まれた当園の「シロテテナガザル」について、当園の飼育担当者がお話します。

画像
【今年生まれたシロテテナガザルの親子】

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月13日(木曜) 16時00分~16時40分

6) スペシャルトーク「カラスのお話」

 私たちが日ごろなかなか知ることのできないカラスの生態と付き合い方をご紹介します。

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月14日(金曜) 16時00分~17時00分

7) 東京都埋蔵文化財センター共催企画(当イベントについては公表済み)
 「親子で学ぼう!人間と動物のつながり-縄文人のくらしを探る-」

画像
【人間と動物のつながり-縄文人のくらしを探る-】

 日時:8月15日(土曜)(事前申込制)
 定員:小学4年生以上の子どもと保護者15組(申込多数の場合は抽選)

※詳しくは東京都埋蔵文化財センターへお問合せください。
 東京都埋蔵文化財センター 経営管理課 広報企画係
 電話番号:042-373-5296
 URL:http://www.tef.or.jp/maibun/

8) 科学映画の上映とスペシャルトーク「シロフクロウの子育て」

 科学映画「シロフクロウの子育て」の上映に続き、当園の飼育担当者がシロフクロウについてお話しします。

画像
【科学映画「シロフクロウの子育て」より】

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月16日(日曜) 16時00分~18時00分

9) (公財)日本自然保護協会共催 講演会「イヌワシの舞う日本の森を未来へ」

 群馬県みなかみ町北部、新潟県との県境に広がる赤谷の森で、生物多様性の復元と持続的な地域づくりを進める取り組みを行っているAKAYAプロジェクト。このプロジェクトの一環として、イヌワシなどの猛禽類の保護を行っている方々のお話です。

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月22日(土曜) 16時00分~18時00分
 講師
  山崎亨(アジア猛禽類ネットワーク代表)
  出島誠一(公益財団法人日本自然保護協会 自然保護部)

10) 葛西臨海水族園の移動水族館がやってくる!

 葛西臨海水族園の移動水族館がやってきます。磯の生き物とのふれあい体験を通して、葛西臨海水族園の職員が体のつくりやくらしをわかりやすくお話しします。

画像
【磯のいきものとのふれあい】

 場所:ウォッチングセンター内
 日時:8月23日(日曜) 16時00分~18時00分

11) ライオン飼育経験者座談会

 当園のライオン飼育経験者が、ライオンについて座談会方式で語ります。

画像
【今年生まれたライオンの赤ちゃん】

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月29日(土曜) 16時00分~17時00分

12) 昆虫教室「秋の鳴く虫教室」

 夏もそろそろ終わりかけてくるこの時期は、秋に鳴く虫をご紹介します。

 場所:ウォッチングセンター 動物ホール
 日時:8月30日(日曜)
 1回目 16時00分~16時30分
 2回目 17時00分~17時30分

(2) コウモリを観察しよう!

 ライオン園の上空を飛ぶ野生のアブラコウモリを観察します。また、コウモリの飾りをつけて記念撮影ができるブースを設置します。

 場所:アフリカ園サファリ橋
 日時:各土曜日18時00分~18時30分前後より約30分間
 日没後15分~30分位に良く見られますので毎回実施時間が変わります。
 実施時間は当日園内放送でお知らせします。
※雨天中止

(3) モルモットとおともだち

 かわいいモルモットを抱っこしたりさわったり、ふれあい体験ができます。

画像
【モルモット】

 場所:どんぐり広場
 日時:毎週日曜日 18時30分~19時30分 10分毎の入替制(整理券の配布:17時30分~)
※雨天中止
 定員:整理券は各回20枚(付き添いの方は整理券不要で一緒にお入りいただけます)

(4) 虫となかよし

 いろいろな虫に触って、昆虫たちの不思議を体験してみよう!

画像
【虫となかよし】

 場所:昆虫園本館昆虫ホール
 日時:8月13日(木曜)~16日(日曜) 17時30分~18時30分

(5) 旧類人猿舎公開

 かつてゴリラやチンパンジー、オランウータンを飼育していた動物舎の様子を、東京動物園ボランティアーズのドーセントグループスタッフがご案内します(動物はいません)。

画像
【旧類人猿舎で飼育舎の裏側公開】

 場所:アフリカ園旧類人猿舎
 日時:8月8日(土曜)、22日(土曜) 18時00分~19時30分(入場は19時15分まで)

(6) 動物イルミネーション

 ゾウやキリンなどの輝くLED動物イルミネーションが「昆虫坂」で皆さまをお出迎えいたします。

画像
【動物イルミネーション】

 場所:昆虫坂
 日時:全日18時00分~20時00分

飲食施設・ギフトショップの営業

 飲食施設、ギフトショップの営業時間を延長します。臨時のビアガーデンもオープンしますので、見学の合間に、ご家族お揃いでご利用ください。

アフリカ園レストラン(お食事・生ビールなど)

 営業時間 10時00分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

コアラ下売店(お食事・生ビールなど)

 営業時間 9時30分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

※コアラ下売店向かいのカンガルー広場にてビアガーデンがオープン!(雨天中止)
 営業時間 16時30分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

ズーカフェ/ウォッチングセンター内(軽食・生ビールなど)

 営業時間 9時30分~19時50分(ラストオーダー19時30分)

ギフトショップ・コレクション/正門(お土産品販売)

 営業時間 9時30分~20時00分

その他

ベビーカー貸し出し

 貸出時間 9時30分~19時00分(返却は20時00分まで)
 料金 1日500円

画像 画像
【幻想的な雰囲気の夜のキリン】 【ライトアップされた夜のサル山】

 「サマーナイト@Tama Zoo」にご来園の皆様へのお願い

  • 動物のフラッシュ撮影はご遠慮下さい。
  • 昆虫園での虫除け用品の使用はご遠慮下さい。
  • 懐中電灯などの照明類は、動物には向けず、足元を照らすためにのみのご利用でお願いいたします。
  • 動物園に駐車場はございません。近隣の駐車場は混雑が予想されますので、公共の交通機関をご利用下さい。
  • 動物展示やイベント等は、動物の状況や天候などにより、展示予定や会場が変更または中止になることがありますので、あらかじめご了承ください。

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
 8月は、毎週土曜・日曜および13日(木曜)、14日(金曜)が、9時30分~20時00分(入園は19時00分まで)。
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る