ここから本文です。

平成27(2015)年7月30日更新

報道発表資料

〔別紙〕

支援対象グループと主な取組内容

建設廃棄物処理業界の雇用環境向上プロジェクト

 【代表団体】建設廃棄物協同組合(業種:廃棄物処理業)
 【事業共同実施企業】会員企業18社

 産業廃棄物処理業界では、根性・経験を重視する勤労観がもたらす労働意欲の低下、業界の知名度の低さを原因とした新卒者採用状況の悪さ、業界特有の専門知識の教育・人材育成ノウハウの乏しさ等の課題を抱えており、慢性的な人手不足となっている。
 会員企業全体でワークライフバランスを推進するとともに、職場としての業界の魅力的な将来像を構築し、プロモーションビデオの作成等の取組を行うことで、業界企業の雇用環境整備、若年者の就業を推進する。

雇用環境整備事業

  • 従業員ニーズ・満足度調査の実施
  • 各社経営者向け雇用環境改善セミナーの実施
  • 各社企業向け安全教育の構築手法を中心とした安全啓発事業の推進 等

若年者の就業推進・職場定着事業

  • 会員企業の業務知識講習会・ウェブビデオ講座等の支援用教材企画・制作
  • 業界の魅力的な将来像を発信するためのプロモーションビデオの企画・作成、合同企業説明会での放映
  • 現場作業員の多能工化の推進のための資格取得援助・計画的資格取得方法の構築 等

IT業界企業横断体験型雇用推進プロジェクト

【代表企業】株式会社ビーグッド・テクノロジー(業種:情報サービス業)
【事業共同実施企業】株式会社スピリッツ・ワン(業種:情報サービス業)

 IT業界においては、慢性的な長時間労働や有給休暇の取得率低迷、高い離職率や若年者採用の減少といった課題を抱えている。
 従業員のニーズ・満足度調査、従業員メンタルヘルスケア体制の構築・導入、IT業界求職者が求めるセミナーの検討・実施、企業横断型就労体験者(インターンシップ)受け入れ時のルール作成・実施・モデル化等の取組により、働きやすい雇用環境整備や、インターンシップ受け入れによる業界への理解促進、就業のミスマッチ解消等を行い、若年者の就業推進を目指す。

雇用環境整備事業

  • 従業員のニーズ、満足度調査の実施
  • 従業員メンタルヘルスケア体制の構築・導入
  • 有給休暇取得促進、残業削減の実施 等

若年者の就業推進・職場定着事業

  • IT業界求職者が求めるセミナーの検討・実施
  • リクルートサイト改修と企業横断型就労体験者(インターン)専用サイトの構築
  • 企業横断型就労体験者(インターン)受け入れ時のルール作成・実施・モデル化 等

 選定グループの事業は、業界モデルとしてその実施状況や成果について、産業労働局雇用就業部ホームページ「TOKYOはたらくネット」に掲載するとともに、その他各種広報にて広く公表します。

ページの先頭へ戻る