ここから本文です。

平成27(2015)年7月15日更新

報道発表資料

〔別紙〕

「レコード(金属原盤)音源デジタル復元」について

 東京都公文書館では、東京都の前身である東京市が、1940年(昭和15)に紀元2600年を記念して作成した金属原盤レコード(レコードの元になる、音波を溝として刻み込んだ金属製の円盤)を所蔵しています。
 このレコードには、当時の東京市長が百年後の市民に向けたメッセージなど戦時下の東京で録音された貴重な音源が含まれています。
 保存状態が非常に良好であったため、このたび、LPプレーヤーにより直接再生し、デジタル化した結果、原音に近い音質を忠実に再現することができました。
 本展示の開催にあたり、このデジタル化した音源に関連資料画像を付したDVDを上映するとともに、金属原盤レコードを展示します。
 なお、この金属原盤レコードは、当時の製造会社にも所蔵されていないことを確認しており、当館のみが所蔵する資料となっています。

紀元2600年記念東京市作成レコード(金属原盤 5枚セット)

  1. 紀元二千七百年の帝都市民に贈るの辞(上)
  2. 紀元二千七百年の帝都市民に贈るの辞(下)
  3. 奉祝国民歌 紀元二千六百年
  4. 紀元二千六百年頌歌(紀元二千六百年奉祝会の歌)
  5. 東京市制定 東京市歌

※1・2は、東京市長大久保留次郎による100年後の市民に贈るメッセージで、今回初の復元・公開となります。

ページの先頭へ戻る