ここから本文です。

平成27(2015)年6月24日更新

報道発表資料

〔別紙2〕

<参考>海水の放射性物質の測定結果

単位:Bq/kg(ベクレル/キログラム)
測定場所 採水日 放射性セシウム
(セシウム134)
放射性セシウム
(セシウム137)
大島 弘法浜 5月12日 ND(不検出) ND(不検出)
新島 本村前浜 5月12日 ND(不検出) ND(不検出)
式根島 泊浜 5月11日 ND(不検出) ND(不検出)
神津島 前浜 5月11日 ND(不検出) ND(不検出)
三宅島 大久保浜 5月26日 ND(不検出) ND(不検出)
八丈島 底土 4月22日 ND(不検出) ND(不検出)
小笠原父島 宮之浜 5月21日 ND(不検出) ND(不検出)
小笠原母島 北浜 5月22日 ND(不検出) ND(不検出)

(注1)「ND(不検出)」とは、検出限界値1.0Bq(ベクレル)/キログラム未満のことをいう。
(注2)本データは、1Bq(ベクレル)/リットルを1Bq(ベクレル)/キログラムとみなしたものである。

採水方法

 水深がおおむね1~1.5メートルの地点において、水面下0.5メートル程度の海水を採水しています。

検査機関

 東京都健康安全研究センター

参考

 環境省が定めた水浴場の放射性物質に係る水質の目安
 放射性セシウム 10Bq(ベクレル)/リットル以下
(「水浴場の放射性物質に関する指針について(改定版)」平成24年6月8日付環境省通知)

ページの先頭へ戻る