ここから本文です。

平成27(2015)年6月26日更新

報道発表資料

別紙

1 用語説明

※1 ファンド・マネジャー

 資産運用担当者

※2 クォンツ・アナリスト

 資産運用や金融リスク管理等を行うために、金融市場や金融商品等を定量分析する者

※3 金融リスク管理者

 資産運用等において過度なリスクを取ることのないよう管理する者

※4 研究センター

 外国人研究者を招聘してセミナーや講義を開催したり、ホットなテーマについて議論する研究グループを設置して、最先端のテーマについて研究を行います。国際ワークショップや公開シンポジウムなども開催します。また、人的ネットワークの形成も進めていきます。

2 アドミッションポリシー(入学者受入方針)

 博士前期課程の高度金融専門人材養成プログラムは、以下の(1) (2)のようなキャリア形成に意欲的に取り組む方々を対象に、東京都の長期ビジョンで計画されている東京国際金融センターおよびロンドン、ニューヨークなどの世界的な金融センターで活躍できる「ファンド・マネジャー」「クォンツ・アナリスト」「金融リスク管理者」を養成する体系的なカリキュラムを提供します。
(1) 金融機関や官公庁等で上記の職務について十分な経験と実績を有し、さらに専門性を高めたいと考える方
(2) 数理工学の素養を有し、将来ファイナンスの現場で国際的に活躍することを目指す方
 選抜試験ではファイナンスや数学の知識と論理的な思考力を判定するため、筆答試問と口頭試問を行います。選抜は年2回実施し、提出された書類(研究計画書、推薦書、英語の外部試験のスコア等)、筆答試問、口頭試問の結果により総合的に判定します。

ページの先頭へ戻る