ここから本文です。

平成27(2015)年6月25日更新

報道発表資料

イベント情報

1 怪談スタンプラリー「動物園怪談画劇 ~井之頭百物語・参~」

 井の頭自然文化園(園長 永井清)では、昨年に引き続き、怪談をテーマにスタンプラリーを実施します。井の頭自然文化園にまつわる、様々な創作怪談を読みながら園内を回ることで、動物や施設の特徴を知ることができます。
 普段と違った動物園を感じてみませんか?

(1) 日時

 平成27年7月18日(土曜)~8月30日(日曜) 各日9時30分~

(2) スタンプラリーブック配布場所

 動物園(本園) 正門先広場
 水生物園(分園) 七井門先

(3) 定員

 期間中 10,000名

画像

画像
【昨年のスタンプラリーブック】

2 「もののけワークショップと夜の動物園探検」参加者募集

 当園では、8月30日まで、「動物園怪談画劇 ~井之頭百物語・参~」と題して、園内を題材にした創作怪談を使ったスタンプラリーを行います。そこで、今回、スタンプラリーブックのイラストの作者の日本物怪観光主宰の天野行雄氏をお招きして、天野さんならではの、日本の動物と妖怪をモチーフにした工作と、怪談の舞台となった園内各所を回る夜の動物園探検を開催します。
 普段と異なる動物の見方を体験してみませんか?

画像
【妖怪工作・妖怪画イメージ】

(1) 日時

 平成27年8月30日(日曜) 17時00分~19時30分頃

(2) 場所

 井の頭自然文化園 園内全域

(3) 対象

 小学4年生以上
 (小学生は保護者同伴)

(4) 定員

 30名

(5) 持ち物

 懐中電灯、飲み物、虫よけ、長ズボン

(6) 内容

 「もののけワークショップ」では、当園で飼育している動物たちと日本の妖怪たちの関係を考えるワークショップを開催します。日本の妖怪は、昔から身近な存在であったタヌキやアナグマ、キツネなどがもととなっています。動物の様々な写真や絵などをもとに、自分の発想で妖怪を作っていきます。
 ワークショップ終了後実施する「夜の動物園ツアー」では、閉園後の暗くなった園内を回り、怪談スタンプラリーの舞台となった箇所をめぐりながら、夜の動物園を探検します。普段と異なる夜行性の動物たちの動きも観察できるかもしれません。

(7) 応募方法

 往復はがきまたはEメールで以下のとおりお申し込みください。
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。

往復はがき

 代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)、学年(年齢)、性別を明記のうえ、以下のあて先までお送りください。
 【あて先】〒180-0005 武蔵野市御殿山1-17-6 井の頭自然文化園「もののけワークショップ」係
 【締切】平成27年8月1日(土曜)消印有効

Eメール

 mononoke2015(at)tokyo-zoo.net 宛に、件名を「もののけワークショップ参加」とし、本文に代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名(ふりがな)、 学年(年齢)、性別を記入してお送りください。お申し込みの際は、@tokyo-zoo.net からのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。(特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。)
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
 【締切】平成27年8月1日(土曜)送信分まで有効

ページの先頭へ戻る