ここから本文です。

平成27(2015)年6月18日更新

報道発表資料

〔別紙〕

都市農地保全推進自治体協議会

 都市農地の減少という共通の課題を抱えている都内の基礎自治体が、連携して都市農地保全を図ることを目的としており、平成20年10月に発足しました。
 都内の市街化区域内に農地のある38の自治体が会員となっています。
 本協議会は、フォーラムを開催し、都市農地の重要性を広く都民に伝えて都市農地保全の機運を醸成するとともに、国に対し都市農地の保全を強く働きかけています。

構成自治体

 昭島市、あきる野市、足立区、板橋区、稲城市、江戸川区、青梅市、大田区、葛飾区、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、杉並区、世田谷区、立川市、多摩市、調布市、中野区、西東京市、練馬区、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、日の出町、府中市、福生市、町田市、瑞穂町、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、目黒区
 以上 38自治体(50音順)

会場案内図

画像

ページの先頭へ戻る