ここから本文です。

平成27(2015)年4月24日更新

報道発表資料

〔別紙〕

カーボンレポート

 カーボンレポートは、中小テナントビルのオーナーが、東京都に提出した地球温暖化対策報告書の内容に基づいて作成するものです。ビルオーナーは、低炭素ベンチマークや温暖化対策の実施状況をカーボンレポートに示すことで、テナント入居者や入居希望者等に保有するビルの省エネ性能をアピールして、入居を促すことができます。

画像画像
【カーボンレポート表面:A4サイズ】【カーボンレポート裏面:】

カーボンレポートの活用による不動産取引(イメージ)

画像

1)省エネ改修によりビルの省エネ性能向上
2)仲介事業者等がテナントとの契約交渉時に、カーボンレポートにより省エネ性能をアピール
3)電力料金等コスト削減によりテナント入居者が集まり、市場から高い評価
4)稼働率や賃料アップにより、更なる省エネ投資の意欲向上

 カーボンレポートは、不動産取引の場だけでなく、来訪者への温暖化対策やCSR活動のPR、入居予定ビルの電気料金の推計など、幅広い活用が可能です。
 詳細はカーボンレポートの利用方法に関するガイドラインをご覧ください。

ページの先頭へ戻る