ここから本文です。

平成27(2015)年3月26日更新

報道発表資料

4月19日は「飼育の日」 飼育係に会いに行こう!

 4月19日は「419(しいく)」の数字にちなんだ「飼育の日」です。動物園・水族館の役割を理解していただくことを目的に、(公社)日本動物園水族館協会が平成21年に定めました。この年から、都立動物園・水族園は「飼育」に関する様々なイベントを開催しています。本年の内容は以下のとおりです。ぜひご来園ください。

恩賜上野動物園

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、飼育の日特別企画として、おすすめコース「飼育係のお仕事ガイド」を配布するとともに、飼育に携わる全ての班の代表者が参加する「飼育係のマラソントーク」を行います。絶滅が危惧される野生動物の繁殖に向けた取組や、動物の生態や魅力を引き出す展示の工夫など、多岐にわたる飼育係の仕事について、楽しく、わかりやすくお伝えします。

1.飼育の日限定!
おすすめコース「飼育係のお仕事ガイド」を配布します

  1. 日時
    平成27年4月18日(土曜)、19日(日曜)
    9時30分~16時30分
  2. 配布場所
    表門、池之端門、総合案内所
  3. 内容
    動物へのエサやりの時間や飼育展示の工夫など、園内で実際にご覧になれる飼育係の仕事についてご案内する、おすすめコースを配布します。飼育係の仕事に興味がある方はもちろんのこと、上野動物園をより深く楽しみたい方にもおすすめです。

2.飼育係の総力を結集。「飼育係のマラソントーク」を行います!

  1. 日時
    平成27年4月19日(日曜)
    13時30分~15時30分
  2. 場所
    総合案内所前広場
  3. 内容
    当園の飼育係の仕事は、13の班に所属する80名を超える職員が担っています。例えばジャイアントパンダの飼育展示を担当する班もあれば、動物病院で獣医師の仕事に携わる班もあります。今回、当園の飼育係の仕事とその役割についてお伝えするため、全ての班の代表者が参加して交代でお話しする、マラソントークを行います。ぜひ、動物にかける飼育係の情熱を感じてください!

画像画像
【飼育係の仕事の一例:アシカへのエサやりの様子】【昨年実施したトークイベント】

ご案内

【恩賜上野動物園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
 3月30日(月曜)、4月6日(月曜)は開園。
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
 3月20日(金曜)は入園料無料(開園記念日)

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る