ここから本文です。

平成27(2015)年3月12日更新

報道発表資料

イベント情報

企画展示「海ののぞき窓」を開催します!

 葛西臨海水族園(園長 田畑直樹)では、様々な生き物の標本を紹介する企画展「海ののぞき窓」を開催します。生き物の体にはたくさんの不思議が隠されています。どのようなつくり、仕組みになっているのでしょうか?標本だからこそ、手に取り間近でじっくり観察することもできます。魅力的な標本をたくさん用意してお待ちしております。

(1) 日時

 平成27年3月23日(月曜)~5月6日(水曜)

(2) 場所

 本館2階 情報資料室

(3) 主な展示内容

  1. サメの不思議
    • サメの顎の骨、サメの皮、アカエイの棘の標本など
      サメの歯は意外な方法で生え変わります。サメの体に見られるいろいろな不思議を紹介します。
  2. 卵いろいろ
    • クロマグロ、コウイカ、ペンギン類の卵の標本など
      3メートルにもなるクロマグロの卵ってどれだけ大きい?さまざまな卵を紹介します。
  3. ペンギン大好き
    • フンボルトペンギンの翼の模型、実物の大きさ・重さの各種ペンギンのリアルぬいぐるみ、実物の羽など
      ペンギンの体にかくされた秘密を紹介します。
  4. 深海探検
    • ジャイアントアイソポッド(ダイオウグソクムシ)や生きた化石トリノアシの標本、水深1,000メートルに潜ったカップ麺の容器など
      暗く、冷たく、そして高圧という深海の世界をご案内します。

 その日のスタッフのおススメの標本を展示し、解説します。何が展示されているかは来てからのお楽しみです。普段なかなか見ることができない生き物の体の不思議を、標本を間近に観察し、時には触れて楽しく学ぶことができます。

※なお、3月16日(月曜)~22日(日曜)の間は企画展開催に伴う改修工事のため、情報資料室は閉鎖となります。

画像画像
【深海の巨大ダンゴムシ、
ジャイアントアイソポッドの標本】
【クロトガリザメの歯。
裏側に生え変わりの秘密が】

ご案内

【葛西臨海水族園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
 3月25日(水曜)、4月1日(水曜)は開園。
<入園料>
 一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る