トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 3月 > 「東京都海の森倶楽部」会員事業を実施 > 東京都海の森倶楽部会員事業「聞き書き甲子園×森の教室どんぐりくんと森の仲間たち」in海の森の実施について

ここから本文です。

平成27(2015)年3月12日更新

報道発表資料

【別添1】

東京都海の森倶楽部会員事業
「聞き書き甲子園×森の教室どんぐりくんと森の仲間たち」in海の森の実施について

平成27年3月12日
港湾局
聞き書き甲子園実行委員会

 「聞き書き甲子園」の参加高校生は「森の名手・名人」「海・川の名人」への「聞き書き」から、人と自然とのつながりの大切さを学び、それを未来へと引き継ぐための一歩として、8年前から「海の森」での植樹活動に参加してきました。
 一方、「森の教室どんぐりくんと森の仲間たちプロジェクト」に参加した子どもたちは森を守り育てることの大切さを学ぶために、どんぐりから苗を育てる取り組みを行ってきました。
 そこで、「聞き書き甲子園」の参加高校生と「森の教室どんぐりくんと森の仲間たちプロジェクト」に参加した子どもたちが「海の森」にて共に植樹活動を行うことで、参加者に自然や森の大切さについて考えてもらい、“森・川・海の名人”から高校生へ、高校生から子どもたちへ、世代を越えて自然と共生する意識や想いをつないでいきたいと思います。

画像

概要

開催日

 平成27年3月29日(日曜)

場所

 「海の森」公園予定地
(江東区青海三丁目地先「中央防波堤内側埋立地」内)ほか

時間

 12時30分~15時00分頃

参加者

 聞き書き甲子園参加高校生100名、引率教員10名ほど
 「森の教室どんぐりくんと森の仲間たち」プロジェクトに参加した埼玉県みわ幼稚園の園児及び保護者約60名

一般公募

 30名程度(先着順)

内容

 「海の森」植樹&見学ツアー、クラフト体験 他

主催

 【聞き書き甲子園実行委員会】(順不同)
 農林水産省、文部科学省、環境省、(公社)国土緑化推進機構、(公社)全国漁港漁場協会、全国内水面漁業協同組合連合会、認定NPO法人共存の森ネットワーク

共催

 東京都港湾局

特別支援

 株式会社ファミリーマート

協力

 (公社)国土緑化推進機構「森の教室どんぐりくんと森の仲間たち」プロジェクト

お申込み&お問い合わせ

 認定NPO法人共存の森ネットワーク(聞き書き甲子園実行委員会事務局) 担当:森山
 電話:03-6432-6580/ファクス:03-6432-6590/Eメール:mori(at)kyouzon.org
 ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
 ※ホームページもご覧下さい。 聞き書き甲子園ホームページ http://www.foxfire-japan.com

画像

※聞き書き甲子園とは、全国100人の高校生が森や川、海と関わる生業をもち、自然とともに暮らしてきた「森の名手・名人」「海・川の名人」を訪ね、その知恵や技、価値観や暮らし方について「聞き書き」する取り組みです。平成14年より始まり、株式会社ファミリーマート他、複数の企業・団体の協力を得て実施しています。

画像
※「森の教室 どんぐりくんと森の仲間たち」プロジェクトとは、(公社)国土緑化推進機構がファミリーマートの店頭募金「夢の掛け橋募金」からの寄付により実施している、全国の幼稚園・保育園を巡回して行うプログラムです。園児たちに森林の大切さや森と生活との関わりを伝え、一緒に森を守り・育てることを学ぶ教室です。2012年に東日本大震災被災地域の幼稚園を中心にスタートし、昨年までにのべ74カ所・7,927人の子どもたちがプログラムに参加しました。参加した子どもたちを通じて、その家族、地域社会へと広がる緑化運動を目指して実施されています。

※この事業は、第13回聞き書き甲子園フォーラム2日目として行います。フォーラム1日目は、3月28日(土曜)に東京大学弥生講堂にて、映画『森聞き』の上映、阿川佐和子氏と塩野米松氏による「聞き書き甲子園」参加高校生と名人へのインタビュー等を実施予定です。詳しくはホームページをご覧ください。


ページの先頭へ戻る