ここから本文です。

平成27(2015)年3月11日更新

報道発表資料

2 向島百花園「うつろいの花景色」

 向島百花園の春は可憐で美しい花たちが日々咲き競い、その景色は一日として同じ日はなく日々うつろいゆきます。
 緑が萌え、花々が彩るこの季節に合わせて、野草の特別ガイドや絵手紙づくり教室、草盆栽作り教室等、春の訪れを楽しみながら植物に親しむ催しを開催します。
 ぜひ、向島百花園の春をお楽しみください。皆様のご来園を心よりお待ちしております。

画像画像画像
期間中の園内の様子

(1) 期間

 平成27年4月1日(水曜)~5月31日(日曜)9時00分から17時00分(最終入園は16時30分)
※ゴールデンウィーク期間中の4月29日(水曜・祝日)~5月6日(水曜・休日)は開園時間を1時間延長し18時00分(最終入園は17時30分)まで開園します。

(2) 内容

1) 野草ウォッチング

画像
野草ウォッチング(昨年の様子)
  • 日時
    平成27年4月4日(土曜)・18日(土曜)、5月9日(土曜)・30日(土曜) ※荒天中止
    各日11時40分、14時40分(各回約1時間)
  • 場所
    秋の七草コーナー前
  • 内容
    講師が解説しながら園内の野草を観察して回ります。
  • 講師
    若林芳樹(わかばやしよしき)氏(植物研究家)
  • 参加費
    無料(入園料別途)
  • 定員
    各回30人

2) 絵手紙づくり教室

画像
絵手紙の作品例
  • 日時
    平成27年5月17日(日曜)13時00分~15時00分
  • 場所
    御成座敷(おなりざしき)
  • 内容
    園内の草花等をモチーフに絵手紙を描きます。
    初心者の方にも講師が丁寧にお教えします。
    ※絵具等は貸し出しします。
  • 講師
    竹田光江(たけだみつえ)氏(絵手紙教室講師)
  • 定員
    20人(事前申込制)
  • 参加費
    無料(入園料別途)
  • 申込方法
    以下「絵手紙づくり教室 申込方法」参照

3) 草盆栽作り教室

画像
草盆栽作り教室の様子(昨年の様子)
  • 日時
    平成27年5月23日(土曜)13時00分~15時00分
  • 場所
    御成座敷
  • 内容
    季節の山野草2種を用いて寄せ植えを作ります。
    作品はお持ち帰りいただけます。
  • 講師
    むさしの山草会
  • 定員
    15人(事前申込制)
  • 参加費
    2,200円(入園料別途)
    ※参加費用は事前のお振込となります。
  • 申込方法
    以下「草盆栽作り教室 申込方法」参照

※「絵手紙づくり教室」と「草盆栽作り教室」開催場所の御成座敷は、畳敷きの和室となっており、座布団に座っての体験教室となります。

「絵手紙づくり教室」「草盆栽作り教室」申込方法

【申込方法】
 ファクスまたはメールにて受付します。

  1. ファクスの場合は文頭に、メールの場合は件名に、参加希望のイベント名「絵手紙づくり教室」または「草盆栽作り教室」を必ずご記入ください。
  2. 参加者全員の氏名(1通につき4人まで)
  3. 代表者の電話番号
    以上をご記入のうえ、以下までお申込みください。

【締切日】
 平成27年5月1日(金曜)必着
※申込多数の場合は抽選となります。
※結果は応募者全員に通知します。「草盆栽作り教室」に当選された方には、その際に参加費のお支払い方法をご案内します。

【申込先】
 ファクス(向島百花園サービスセンター):03-3619-2321
 メールアドレス: 2teien-kouza(at)tokyo-park.or.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

4) 草笛教室

画像
過去の草笛教室の様子
  • 日時
    平成27年4月12日(日曜)、5月31日(日曜)13時00分~15時00分 ※雨天中止
  • 場所
    売店前四阿(あずまや)
  • 内容
    花びらや葉を使った草笛の体験教室を実施します。
  • 講師
    松谷茂(まつやしげる)氏(リップミュージシャン)
  • 参加費
    無料(入園料別途)

5) 俳句の募集

  • 日時
    期間中毎日
  • 場所
    御成座敷前四阿
  • 内容
    春の花にちなんだ俳句や和歌を、ご来園の皆様にお書きいただきます。

6) サクラソウの展示

画像
サクラソウの展示
  • 日時
    平成27年4月19日(日曜)~25日(土曜)
  • 場所
    売店横展示台
  • 内容
    約40種のサクラソウの鉢を展示します。

7) アジサイの展示

画像
アジサイの展示
  • 日時
    平成27年5月24日(日曜)~5月31日(日曜)
  • 場所
    売店横展示台
  • 内容
    見ごろを迎える鉢物のヤマアジサイを展示します。

※展示植物は天候により開花に影響が出るため、展示期間に変更が生じる場合があります。予めご了承ください。


8) 春の楽焼体験

画像
画像
過去の楽焼体験の作品
  • 日時
    平成27年5月3日(日曜・祝日)・4日(月曜・祝日)・5日(火曜・祝日)各日10時00分~15時00分 ※荒天中止
  • 場所
    福禄寿尊堂横(ふくろくじゅそんどうよこ)
  • 内容
    楽焼の絵付けを体験いただきます。かつて園内で行われていた隅田川焼の当時の形姿を再現した窯を使用し、皆様に描いていただいた作品を焼成します。体験を通して歴史や風情をお楽しみください。
    ※作品は当日お持ち帰りいただけます。
    ※焼成に時間を要すため、お待ちいただくことがあります。
  • 講師
    長谷川剛(はせがわつよし)氏(陶芸家)
  • 参加費
    一作品800円(入園料別途)

※「隅田川焼」とは、当園の創設者佐原鞠塢が隅田川周辺の土を使って楽焼を始め、隅(角)田川焼と名付けたことから始まりました。以後5代にわたり継承されましたが、1945年の東京大空襲で窯が焼失し、その後は途絶えてしまいました。現在の楽焼体験はその歴史や文化を伝えるために、当時の形式の一部を再現して行っています。

向島百花園について

 国指定名勝及び史跡。江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨董商佐原鞠塢(さはらきくう)が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした民営花園として開園しました。開園当初は360本のウメが主体で、亀戸の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどでした。
 その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。百花園の名称は「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。

  • 開園時間
    9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
    ※ゴールデンウィーク期間中は9時00分~18時00分(最終入園は17時30分)
  • 休園日
    12月29日~1月3日
  • 住所
    墨田区東向島3-18-3
  • 交通
    東武スカイツリーライン 東向島駅下車 徒歩8分
    京成電鉄押上線 京成曳舟駅下車 徒歩13分
    都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分
    ※駐車場はございません。
  • 入園料
    一般 150円 65歳以上 70円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
    ※5月4日(月曜・祝日)は「みどりの日」で無料
    ※5月5日(火曜・祝日)は「こどもの日」で中学生以下は無料
  • 問い合わせ先
    向島百花園サービスセンター 電話:03-3611-8705
  • 庭園ガイド
    土曜日・日曜日 11時00分・14時00分(各回30分程度)※荒天中止
    集合:サービスセンター裏 参加費:無料

交通案内

画像

園内マップ

画像

ページの先頭へ戻る