トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 3月 > 都立障害者施設民間移譲 5か所の運営事業者を決定 > 都立障害者施設民間移譲 5か所の運営事業者を決定 審査結果(東村山福祉園の一部)

ここから本文です。

平成27(2015)年3月5日更新

報道発表資料

〔別紙1-5〕

審査結果

公募の概要 
対象施設
所在地
定員
東京都東村山福祉園の一部
東村山市萩山町1-35-1
入所80名
運営事業者
(法人所在地)
社会福祉法人東京都社会福祉事業団
(東京都新宿区大久保三丁目10番1-201号)
総評
  • これまでの実績に加えて、新しいニーズや動向を踏まえた提案がなされている。
  • 強度行動障害等、他の施設では対応の難しい利用者への対応が適切に行われることに期待できる。
  • 重度の知的障害者を支援するための専門性を兼ね備えた人材の育成に期待できる。
事業主体の適格性 法人運営実績
  • 東村山福祉園の指定管理者としての運営実績を活かし、強度行動障害特性のある利用者の積極的な受け入れ等、セーフティネットとしての役割の継承を期待できる。
  • 職場提示や定期的な読み合わせによる職員倫理要綱の徹底により、守るべき法、倫理等が職員に徹底されている。
経営実績・基盤
  • コンサル等を活用した経営分析により、自主運営の実現に向けた課題への対策を検討している。
  • 事業を行うために必要な財政基盤を有している。
施設運営実績
  • 都の指定管理者として、障害者(児)入所施設5箇所、児童養護施設6箇所を運営しており、施設運営のノウハウが十分蓄積されている。
事業計画 企画力・創造性
  • ノーマライゼーション、自立支援の理念を踏まえ、利用者が安心、信頼、満足できるサービスの提供が期待できる。
  • 通所の生活介護の定員拡大や、重度・最重度の障害者を対象とした短期入所事業を実施する等、地域の障害者支援への取組が期待できる。
人員計画
  • 利用者の状況に合わせた人員配置を計画しており、適切な人員計画となっている。
資金計画
  • 資金需要、資金調達については特段問題ない。
収支計画
  • 運営費等の収入見込み、経費見積りが適切になされている。
利用者支援計画
  • 強度行動障害等の特性がある重度・最重度利用者に対して、医療と福祉の連携を重視した専門的な支援が期待できる。
  • 意思決定支援に配慮するとともに、利用者の意思を尊重した支援によって、利用者の希望する生活を実現することが期待できる。
  • 虐待防止委員会を設置し、虐待防止策の検討や発生事案の検証を毎月実施する等、虐待防止への取組が十分に行われている。

ページの先頭へ戻る