ここから本文です。

平成27(2015)年1月26日更新

報道発表資料

職員

東京都労働相談情報センター職員の親身な対応に感謝

 私自身が勤めている会社とのトラブルにおいて、東京都労働相談情報センターの職員の皆様に大変お世話になりました。職員の皆様の親身な対応はもちろんのこと、このような都民のための機関を設けてくださったこと、大変感謝しております。
 会社とのトラブルが発生し、私の発言が全く受け入れられなくなった時、人生において初めて孤独を感じました。大げさかもしれませんが、自分の主張を聞いてくれる人はどこにもいないのではないかと思ったのです。
 そのような中、自分自身を守るために無意識にインターネットで相談窓口を探し電話しました。取り乱しながら電話する私の話を親身に聞いてくださったのを今でもはっきり覚えています。孤独と不安で一杯だった私は大変救われました。「私の話を聞いてくれる方がいた。」これがその時の素直な感想です。本当にありがとうございます。
 東京都労働相談情報センターの職員の皆様には、貴重なお時間を割いて頂き大変お世話になりました。おかげさまで前に進むことができます。これからも同じような境遇の方のために精力的に活動して頂けると幸いです。また、このような機関の益々の充実を切に望みます。本当にありがとうございました。

説明

 東京都では、都内6か所の労働相談情報センターで、労使や都民の皆様から、労働相談を受けており、「解雇」「賃金不払い」「労働契約」等の様々な労働問題に関して、年間5万件を超える相談が寄せられています。
 今後も労働相談情報センターは、電話相談や来所相談などを通じて、身近な労働相談の窓口として皆様のお役に立てるよう取り組んでまいります。

※労働相談情報センターについては、「TOKYOはたらくネット~東京都の雇用就業に関する総合WEBサイト~」で紹介しています。

(産業労働局)

ページの先頭へ戻る