トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 1月 > 東京都硫黄島戦没者追悼式における追悼の辞について > 「平成二十六年度東京都硫黄島戦没者追悼式」議長追悼の辞(厚生委員会委員長代読)

ここから本文です。

平成27(2015)年1月26日更新

報道発表資料

〔別紙〕

「平成二十六年度東京都硫黄島戦没者追悼式」議長追悼の辞(厚生委員会委員長代読)

 本日ここに、ご遺族をはじめ、関係者の皆様、多数ご参列のもと、平成二十六年度東京都硫黄島戦没者追悼式が執り行われるにあたり、東京都議会を代表いたしまして、謹んで戦没者の御霊に追悼の誠を捧げます。
 あの惨烈をきわめた先の大戦により、東京から遥か南方に位置するここ硫黄島において、多くの方々が犠牲となられてから、まもなく七十年を迎えようとしています。
 我が国の兵士の皆様は、水、食料、兵器の乏しい中、圧倒的物量を誇る米軍に相対し、灼熱の地下壕を楯に、一身をも顧みず激戦を展開されたのであります。
 一月余りの激闘の末、二万人を超える方々がこの地で無念の最期を遂げられましたことは、私たち日本国民にとりまして、永遠に忘れることのできない深い悲しみであります。
 洋上はるか遠く、ご家族と祖国の安寧をただひたすら祈りつつ、痛ましくも犠牲となられた方々の痛惜、そして、最愛の肉親を失われたご遺族の深い悲しみを拝察しますと、今なお万感胸に迫り、悲痛の念に堪えません。
 戦後、日本は、国民一人ひとりの英知と懸命な努力を結集し、見事に復興を遂げました。諸英霊の愛してやまなかったふるさと東京も今や世界有数の経済都市の地位を維持し、更なる発展を続けております。
 しかし、今日、私たちが享受しているこの平和と繁栄が、戦禍の中で命を落とされた多くの方々の犠牲の上に築かれていることは、ひとときも忘れてはなりません。
 私たちは、改めて戦争の悲惨さを心に刻み、この記憶を決して風化させることのないよう、後世に語り継いでいかなければなりません。
 一方、世界に目を転ずれば、未だにテロや地域紛争により、多くの方々の尊い命が失われております。
 東京都議会といたしましても、戦争の惨禍を再び繰り返すことのないよう、すべての国々による核兵器の根絶を訴えるなど、世界の恒久平和の実現に向け、不断の努力を続けてまいります。
 そして、二〇二〇年に開催されます、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を、平和の祭典として成功に導くことはもとより、海外の諸都市と手を携え、未来永劫平和で心豊かな社会が築かれるよう、全力を尽くしてまいる決意でございます。
 結びに、祖国の平和と繁栄を願い、ここ硫黄島において尊い命を捧げられたすべての御霊のご冥福と、ご遺族の皆様方のご健勝・ご多幸を、心から祈念いたしまして、私の追悼の言葉とさせていただきます。

平成二十七年一月二十三日

東京都議会議長 高島なおき

ページの先頭へ戻る