ここから本文です。

平成27(2015)年1月22日更新

報道発表資料

〔別紙2〕

スケジュール

※時間は多少前後する場合があります。
※天候や動物等の状況により、変更や中止になる場合があります。

時間 ユキヒョウの行動・園内の状況等 園(対策本部等)の対応措置・訓練の流れ等
14時00分 地震発生。
地震によりユキヒョウ舎の運動場ネットが破れ、脱出する危険が高まる。
調整係長は各係長に動物や動物舎の点検を指示。
14時05分頃 破れたネットからユキヒョウ1頭が脱出。 ユキヒョウ担当者が動物の脱出を確認し、南園飼育展示係長に連絡。運動場にいる他のユキヒョウの収容を指示。
    園長(本部長)は非常配備態勢を発令、対策本部を設置。
    園長は捕獲隊及び工作隊へ捕獲の出動指示、警備誘導隊に入園者の安全な避難誘導・場内の安全確認・応急処置を指示。通信連絡隊に関係機関(警察消防)への連絡を指示。
14時10分頃 ユキヒョウはレッサーパンダ舎付近へ逃走。 レッサーパンダ舎前で脱出したユキヒョウを発見し、捕獲対応に入る。
  ユキヒョウはコアラ売店付近へ逃走。 コアラ売店前で捕獲作業中の捕獲隊員1名がユキヒョウと接触。その隊員が負傷したため救護の要請(救急車等)。
14時25分頃 ユキヒョウはインドサイ方舎面へ逃走。  
  ユキヒョウは正門方面へ逃走。 ユキヒョウの捕獲場所を昆虫坂下とし、捕獲体制を整える。
14時35分頃 ユキヒョウは昆虫坂下で捕獣網に阻まれ、捕獣網内をうろつく。  
    動物病院車が到着後、ユキヒョウに向けて用意した麻酔銃が撃たれる。
  麻酔の効いたユキヒョウは園路に倒れる。 動物病院がユキヒョウへの麻酔効果を確認する。
14時40分頃   麻酔で眠らされたユキヒョウを捕獲隊が捕獣網で包み、トラックに乗せ収容する。
14時41分頃   園長が非常配備体勢を解除。
14時45分   園長や関係機関からの講評。
14時50分   訓練終了。

ページの先頭へ戻る