トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 生物多様性の回復に向けた在来種植栽フォーラムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月8日  環境局

「生物多様性の回復に向けた在来種植栽フォーラム」
開催のお知らせ

 都は、生物多様性の回復に向けた取組の一つとして、東京在来の生きものの生息空間の拡大に貢献する、在来植物による緑化を推進しています。
 今年度から、都は在来種植栽を有する下記3事業者と協定を締結して、在来種植栽の管理手法に関する実証実験等を進めていますが、この度、検討経過を報告するとともに、在来種植栽という新しい緑化が持つ今後の可能性について、幅広い視点から議論するフォーラムを開催します。
 皆様のご参加をお待ちしています。

1 フォーラムの概要

主催

 東京都

共催

 株式会社フジクラ、三井住友海上火災保険株式会社、森ビル株式会社

日時

 平成27年1月29日(木曜)14時00分~16時30分(受付開始13時30分)

場所

 都庁第一本庁舎北側5階 大会議場(案内図をご参照ください)

参加費

 無料 定員:450名(先着順)

2 プログラム

  1. 基調講演 横張真 東京大学大学院工学系研究科教授
    「現代の東京で自然を考える」
  2. 事例報告 株式会社フジクラ、三井住友海上火災保険株式会社
    森ビル株式会社、東京都環境局
  3. パネルディスカッション
    「なぜ今、在来種を植えるのか~在来種植栽の意義と管理~」

3 申込方法

 ファクスまたはメールにて、必要事項 1)催し名(在来種植栽フォーラム) 2)参加者全員の氏名・ふりがな 3)代表者の連絡先(電話番号、ファクス番号またはメールアドレス)を記載し、下記あてにお申込みください。

 申込締切:平成27年1月20日(火曜)
 申込書を使用する場合は、下記案内ホームページからダウンロードできます。参加の可否については、1月中旬にファクスまたはメールでお知らせします。

【案内ホームページ】http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/green/edo_midori/index.html
【申込先ファクス】03-3409-3862
【申込先メールアドレス】MLzairai(at)ml.serco.co.jp
 (申込窓口:株式会社セルコ)
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

問い合わせ先
環境局自然環境部計画課
 電話 03-5388-3548

〔参考〕

「江戸のみどり復活事業」について

 「江戸のみどり復活事業(官民連携)」とは、都と先駆的な在来種植栽を行っている企業が連携して、実際の植栽地をフィールドとして活用しながら植栽管理上の課題解決策を検証するとともに、関係業界が参画する「在来種植栽の管理等に関する検討会」(以下「検討会」という。)を立ち上げ、在来種植栽の本格的普及に向けた取組方策や、効果的な普及啓発策を多角的に検討するものです。
 「検討会」で得られた知見を広く発信することで、都民・民間事業者等に在来種植栽(生物多様性)に対する理解を促進します。

都庁への案内図

画像

  • 「JR新宿駅」(西口から徒歩約10分)
  • 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」
  • 新宿駅西口(地下バスのりば)から都営バス又は京王バス(都庁循環)『都庁第一本庁舎』下車
  • JR新宿駅西口『新宿駅西口』バス停から『西新宿・都庁本庁舎方面』行きの新宿WEバス乗車、『都庁本庁舎』下車

【大会議場への案内】

  • 都庁第一本庁舎5階
    北側エレベーターホールから、Cエレベーター(緑色)をご利用ください。

ページの先頭へ戻る