トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 大島町の災害廃棄物の島外処理が終了

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月26日  環境局

大島町の災害廃棄物の島外処理が終了しました

 平成25年10月16日の大島町の土砂災害に伴い発生した災害廃棄物につきましては、同年12月18日から特別区内の清掃工場及び民間処理施設で処理を行ってまいりました。
 このたび、本日をもちまして、島外での処理が終了しましたのでお知らせいたします。

災害廃棄物の処理実績

種類 受入施設 処理実績
(単位:トン)
可燃性廃棄物(木くず等) 区内清掃工場 3,630
廃木材 民間破砕施設 6,489
建設混合廃棄物 民間破砕施設 1,363
廃畳・布団 民間破砕施設 47
廃タイヤ 民間破砕施設 7
合計 11,536

可燃性廃棄物(木くず等) 廃木材 建設混合廃棄物
画像 画像 画像

大島町災害廃棄物の島外処理経過

平成25年 10月16日 ・土砂災害発生(台風26号による発災)
死者36名、行方不明者3名
災害廃棄物が町の年間ごみ処理量の約9年間分発生
11月29日 ・災害廃棄物の島外での処理について、都が大島町から受託
12月16日 ・「大島町災害廃棄物処理実施計画」(東京都受託分)策定
・「大島町の災害廃棄物の処理に関する基本合意書」を特別
区長会、大島町、東京都の三者で締結
(区内清掃工場処理分)
12月18日 ・災害廃棄物を都内民間処理施設へ初搬入
平成26年 1月30日 ・災害廃棄物を区内清掃工場へ初搬入
6月25日 ・大島町の市街地から、災害廃棄物の撤去が完了
10月16日 ・災害廃棄物の区内清掃工場への搬入が終了
12月26日 ・災害廃棄物の島外処理が終了

災害廃棄物の主な島外での処理方法

廃木材

パーティクルボード
画像
  • パーティクルボードへ再資源化

※再資源化したパーティクルボードの面積
 東京ドーム約8面分(約380,000平方メートル、厚さ20ミリメートル換算)


可燃性廃棄物(木くず等)

  • 焼却処理し、発生する熱エネルギーを発電や熱供給に有効利用

※詳しくは以下の東京二十三区清掃一部事務組合のホームページを参照ください。
 http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/shiro/shori/kanen/joki.html

その他の災害廃棄物

  • 「産廃エキスパート」に認定された優良な産業廃棄物処理業者に処理を委託

※「産廃エキスパート」は、以下のリンク先を参照ください。
 http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/industrial_waste/processor/recognition_system/

災害廃棄物の処理効果

市街地に流入した流木等の除去が完了

画像

仮置場の処理が完了(写真:大島空港滑走路脇 一次仮置場)

画像

問い合わせ先
環境局資源循環推進部一般廃棄物対策課
 電話 03-5388-3579

ページの先頭へ戻る