トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 福生都市計画道路建設 環境影響評価調査計画書を提出

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月25日  都市整備局,建設局

福生都市計画道路3・4・3の1号新五日市街道線(福生市大字熊川)
建設事業の環境影響評価調査計画書を提出しました

 本日、福生都市計画道路3・4・3の1号新五日市街道線(福生市大字熊川の立川市境から国道16号までの間)の建設事業について、環境影響評価の最初の手続となる環境影響評価調査計画書を東京都知事(環境局)に提出しました。
 本計画道路については、車道を往復4車線にするとともに、安全で快適な歩行空間や自転車走行空間等を確保するため、計画幅員(標準)を既定の18メートルから28メートルに都市計画の変更を行う予定としており、これに併せて環境影響評価を実施します。
 今後、都市計画変更手続に併せて、東京都環境影響評価条例に基づき、環境影響評価書案、評価書案に係る見解書、環境影響評価書を作成し、環境影響評価手続を進めてまいります。

事業の効果

  • 多摩地域における人やモノの動きの円滑化
  • 五日市街道の渋滞緩和
  • 生活道路に進入する通過交通の排除による、良好な居住環境の確保
  • 災害時の物資輸送路や避難路としての機能強化等による、地域の防災性の向上
  • 歩行者や自転車の通行空間及び植樹帯の確保による、安全で快適な都市空間の創出

1 事業名

 福生都市計画道路3・4・3の1号新五日市街道線(福生市大字熊川)建設事業

2 事業概要

 区間:福生市大字熊川字武蔵野(立川市境~国道16号交差点)
 延長:約1.1キロメートル
 車線数:往復4車線
 道路幅員:28メートル(標準)
 供用開始:平成36年度(予定)
 なお、環境影響評価調査計画書の要約は、別紙(PDF形式:574KB)のとおりです。
※環境影響評価調査計画書とは、環境影響評価を行うに当たり、事業者が選定した環境影響評価の項目(大気、騒音・振動など)や調査等の手法を記載したものです。

問い合わせ先
(手続に関すること)
都市整備局都市基盤部街路計画課
 電話 03-5388-3328
(調査に関すること)
建設局道路建設部計画課
 電話 03-5320-5318

ページの先頭へ戻る