トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > JR南武線 稲城長沼駅で新上り線が完成

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月19日  建設局

JR南武線 稲城長沼駅で新上り線が完成
連続立体交差事業の線路工事が完了します

 東京都と東日本旅客鉄道株式会社では、JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)において連続立体交差事業を進めています。平成25年12月には全線高架化が完了し、15箇所すべての踏切を除却してきましたが、引き続き沿道環境の保全や地域の円滑な交通確保を目的とした側道整備、稲城長沼駅における駅舎工事や線路工事などを実施しています。
 このたび、稲城長沼駅において、下記の日程で線路工事が完了し、新たな上り線が完成いたします。これにより同駅は、現在の上下線とあわせて4線となり、今後のダイヤ改正に伴い、同一ホームでの川崎行の快速電車と各停電車の乗り継ぎが可能となり、利便性が向上いたします。
 今後とも、東京都は、数多くの踏切を同時に除却することにより、道路ネットワークの形成を促進するとともに、踏切による交通渋滞の解消や鉄道により分断されているまちの一体化を図るため、連続立体交差事業の推進に向け、積極的に取り組んでいきます。

1 使用開始予定等

(1) 工事完了箇所

 JR南武線 稲城長沼駅

(2) 工事完了予定日時

 平成27年2月28日(土曜)終電後~3月1日(日曜)初電まで

(3) 使用開始予定日時

 平成27年3月1日(日曜)初電から

(4) ダイヤ改正予定日

 平成27年3月14日(土曜)から

※当日、荒天等やむを得ない事情により工事が実施できない場合は、使用開始を平成27年3月8日(日曜)初電からといたします。

2 事業の概要

(1) 事業名

 JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業

(2) 事業者

 東京都

(3) 事業延長

 約4.3キロメートル(第一期区間:約1.9キロメートル、第二期区間:約2.4キロメートル)

(4) 事業費

 約598億円

(5) 事業期間

 平成4年度~平成27年度

※別紙 JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業 概要図(PDF形式:510KB)

問い合わせ先
建設局道路建設部鉄道関連事業課
 電話 03-5320-5333

ページの先頭へ戻る