トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 民間委託訓練における個人情報の流出について

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月16日  産業労働局

民間委託訓練における個人情報の流出について

 中央・城北職業能力開発センターが所管する都の公共職業訓練「アカウンティング・プリンシパル養成科」※(12月入校生)を受託している学校法人帝京大学(以下「大学」という。)(所在地:千代田区)において、大学事務担当者が訓練生に対して、訓練生19名分のメールアドレスを宛先に入力し一斉送信し、個人情報が流失する事故が発生しましたので、お知らせします。
 関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 今後、このようなことがないよう、情報管理を徹底してまいります。
※「アカウンティング・プリンシパル養成科」は、国際会計等の高度な専門知識及び実践的スキルを習得し、財務分析力、会計数値に基づいた意思決定能力等を養うための訓練で、平成26年12月1日から平成27年2月27日までの期間、訓練生20名に対して行う公共職業訓練です。

1 事故の概要

 平成26年12月12日(金曜)、大学の担当者が17名の訓練生に対して、19名の訓練生のメールアドレスをbcc欄ではなく、誤って宛先に入力し、一斉送信してしまった。なお、2名分は、大学側の誤入力により未着となった。

  1. 発生時期
    12月12日(金曜)13時39分(都が事実を把握した時期:12月15日(月曜)12時00分頃)
  2. 発生場所
    帝京大学霞が関キャンパス
  3. 流出した個人情報
    訓練生19名分のメールアドレス

2 経緯

  1. 大学では、訓練期間中の緊急時の連絡先として、訓練生に任意で連絡の取れる電話番号とメールアドレスを記入、提出してもらっている。
  2. 12月12日(金曜)13時39分、大学の事務担当者が、訓練生に一斉メールをテスト送信した際、メールアドレスをbcc欄ではなく宛先に入力して送ってしまった。今回対象の訓練生は20名であるが、アドレスを任意提出していただいた19名に一斉送信し、うち2名は未達であったため、17名にメールが到達した。
  3. 訓練生の一人から、同日19時00分に大学事務担当者あて、22時に中央・城北職業能力開発センター再就職促進訓練室(以下「訓練室」という。)の担当者の個人端末あてに、「大学からのメールで他の方のアドレスも表示されている」旨のメールがあった。いずれも担当者は、既に帰宅し確認できなかった。
  4. 12月15日(月曜)午後、訓練室担当者が出勤。メールを見て事実を把握し、大学に連絡をしたところ、担当者は不在であったが、大学側に対して事実確認の依頼をした。
  5. 同日14時30分頃、本指摘をした訓練生に、電話にてお詫びとともに大学に対応を指示した旨説明をした。

3 事故発生後の対応

  1. 大学は、19名の訓練生に対し、電話及びメールにより、お詫びとメールの削除依頼を行った。
  2. 12月16日(火曜)訓練の冒頭に、大学の責任者と都の担当者が出向き、訓練生に対して経過の説明と謝罪を行った。現時点では、具体的な被害にはつながっていない。
  3. 訓練室においては、大学に対して、文書により指導と再発防止策の提出の指示を行った。
  4. 民間委託訓練の全ての受託者に対し、個人情報の管理、メール送信の方法、事故発生時の対応についての周知徹底と点検を指示する。
  5. 産業労働局では、個人情報の保護の徹底及び一斉点検を行う。

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部能力開発課
 電話 03-5320-4807
中央・城北職業能力開発センター再就職促進訓練室
 電話 03-5211-3240

ページの先頭へ戻る