トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 「東京都地域中小企業応援ファンド」助成対象事業決定

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月15日  産業労働局

「東京都地域中小企業応援ファンド」
助成対象事業“第13号”(21事業)が決定しました。

 東京都では(公財)東京都中小企業振興公社と協力し、地域の魅力向上や課題解決を目的として多様な担い手が取り組む、意欲とアイデアに溢れた事業に対して助成する「東京都地域中小企業応援ファンド」事業を行っています(詳細は【参考資料】をご覧ください。)。
 この度、第13号として、21事業を選定しましたのでお知らせします。
 選定された事業に取り組む中小企業等には、最長2年にわたり事業に要する経費の一部を助成するほか、「地域応援ナビゲータ」が事業化から販路開拓までを一貫して、きめ細かくサポートしていきます。
 過去12回の募集で選定した265件の多彩な事業のうち、助成金を活用して製品の開発やサービスの立ち上げを終了した複数の事業が、販路開拓のステージへ移行し、事業化を達成しています。

【助成対象事業の概要】(2例、本例を含む全事業の概要は【別紙】参照)

事業者名 事業テーマ及び概要
レンジャーシステムズ株式会社
【港区】
  • 事業テーマ
    訪日外国人向けSIMサービス
    (地域資源活用型ビジネス)
  • 内容
    訪日外国人向けに、SIMカードと既存のモバイル通信インフラを活用したインターネット接続サービスを構築する。自分のスマートフォンにSIMカードを挿入するだけで簡単に高速インターネットに接続できるようにする。また、多言語による観光情報コンテンツを併せて提供することで、東京の観光資源の活性化にも貢献する。
株式会社サンフィールド
【大田区】
  • 事業テーマ
    ロボットを活用した介護予防システムの開発
    (都市課題解決型ビジネス)
  • 内容
    高齢者が生涯、生きがいを持って元気に働ける社会を実現し、医療費や介護保険の負担軽減につなげることを目的とする。介護施設の高齢者を対象に要介護や寝たきりになる最大の要因である「運動器症候群」や「筋量低下」を予防するため、クラウド連携のコミュニケーションロボットを活用し、各高齢者に最適な介護予防プログラムを自動作成することで、介護予防を行うサービスを提供する。

※別紙 助成対象事業の概要(PDF形式:307KB)
※参考資料 東京都地域中小企業応援ファンド(PDF形式:214KB)

問い合わせ先
(制度全般に関すること)
産業労働局商工部地域産業振興課
 電話 03-5320-4755
(助成金及び選定事業に関すること)
公益財団法人東京都中小企業振興公社助成課
 電話 03-3251-7895~6

ページの先頭へ戻る