トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 政府観光局の国際会議誘致・開催貢献賞を受賞を受賞

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月5日  水道局,下水道局

国際水協会世界会議の東京招致が政府観光局の国際会議誘致・開催貢献賞を受賞します!

 2018年国際水協会(IWA)世界会議の東京招致が「平成26年度日本政府観光局(JNTO)国際会議誘致・開催貢献賞」を受賞することになりましたのでお知らせします。
 この賞は、国際会議主催者等の優れた功績を称えることにより、国際会議誘致・開催の意義の普及等を図るために設けられたものです。
 授賞式は、12月9日(火曜)に東京国際フォーラムにて行われる予定です。

授賞式の概要

日時

 平成26年12月9日(火曜)午後1時30分から2時30分

場所

 東京国際フォーラム(千代田区丸の内三丁目5-1)
 「第24回 国際ミーティング・エキスポ(IME2014)」会場内

2018年IWA世界会議の概要

招致主体

 2018年IWA世界会議招致推進委員会
 (東京都水道局長、東京都下水道局長ほかで構成)

開催時期

 平成30年(2018年)9月

開催場所

 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

参加人数

 約6,000名(海外約2,000名、国内約4,000名)

(注)国際水協会(IWA:International Water Association)は、水の効率的な管理と水処理技術の向上を通して、世界における安定かつ安全な水の供給及び公衆衛生に寄与することを目的として、1999年に設立された協会

問い合わせ先
水道局総務部調査課
 電話 03-5320-6336
下水道局総務部理財課
 電話 03-5320-6521

〔参考〕

日本政府観光局(JNTO)国際会議誘致・開催貢献賞の概要

  • 本賞は、国際会議主催者及び都市・推進機関の優れた功績を称えることにより、国際会議誘致・開催の意義の普及啓蒙や更なる推進を図るため、平成20年度より設けられ、今年度が7回目の実施
  • 今回は、平成25年度中に誘致・開催された国際会議の中から、各コンベンション推進機関より過去最多となる35会議の推薦があり、コンベンション有識者で構成される審査委員会での審査を経て、国際会議誘致の部4件、国際会議開催の部8件の計12件が選出された。

(参考)日本政府観光局の報道発表資料
 http://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20141120_2.pdf

受賞理由

  • 東京都、関係学会・協会、コンベンションビューローが結集した誘致活動
  • 厚生労働省、経済産業省、国土交通省、環境省各大臣、観光庁長官、JNTOのサポートレターの発出を受け、ALL JAPAN体制を構築
  • 会場計画やスポンサーシップ、収支計画について詳細に記した提案書が評価された。
  • 日本の上下水道の管理・処理技術の先進性や2011年IWAアジア太平洋地域会議
    (東京)の成功等、日本の国際コミュニティへの寄与が評価され、日本での初開催が決定

ページの先頭へ戻る