トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 12月 > 町田3・3・36号相原鶴間線(相原)の事業に着手

ここから本文です。

報道発表資料  2014年12月1日  建設局

町田3・3・36号相原鶴間線(相原)の事業に着手します

 本日(12月1日)、以下の路線について、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し、事業を実施いたしますのでお知らせします。

路線名 施行箇所 延長 計画幅員 事業期間 事業費 担当事務所
町田3・3・36号
相原鶴間線
町田市相原町 490メートル 18メートル~32.5メートル 平成26年度~平成32年度 54億円 南多摩東部建設事務所

 町田3・3・36号線は、町田市相原町から町田市鶴間に至る延長約18.1キロメートルの都市計画道路です。このうち、町田市相原町地内の延長490メートルの区間について事業に着手します。

事業の概要

 本事業は、幅員10メートルの道路を18メートル~32.5メートルに拡幅し、車道2車線及び歩道を整備します。JR横浜線横断部はアンダーパスで立体交差し、側道をあわせて整備します。また、電線類の地中化や街路樹の植栽を行います。

事業の効果

  1. 本路線の整備により多摩地域南部の東西方向のアクセス性が向上し、広域的な道路ネットワークの形成に役立ちます。
  2. 本区間の整備によりJR横浜線大戸踏切が除却され、踏切遮断による交通渋滞が解消するとともに、踏切事故がなくなり、安全性が向上します。
  3. 車道及び歩道が拡がり、歩行者等の通行の安全性、快適性が向上します。
  4. 緊急輸送道路としての機能が強化され、地域の安全性、防災性が向上します。
  5. 電線類の地中化や街路樹の植栽により、良好な都市景観を創出します。

※別紙 町田3・3・36号相原鶴間線(相原) 案内図(PDF形式:255KB)

問い合わせ先
建設局道路建設部計画課
 電話 03-5320-5324
(本区間の道路づくりに関すること)
(工事)南多摩東部建設事務所工事課
 電話 042-720-8641
(補償)南多摩東部建設事務所用地課
 電話 042-720-8633

ページの先頭へ戻る