トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 11月 > 第94回東京都固定資産評価審議会の開催結果

ここから本文です。

報道発表資料  2014年11月19日  総務局

第94回東京都固定資産評価審議会の開催結果について

 本日、標記審議会を下記のとおり開催しましたので、お知らせします。

1 日時

 平成26年11月19日(水曜日)
 午前10時00分から11時30分まで

2 場所

 都庁第一本庁舎33階 特別会議室S1

3 審議事項

 平成27年度の宅地等の基準地価格等について

※参考 固定資産(土地)に係る平成27年度基準地価格について
※別添 基準宅地に係る路線価等(PDF形式:215KB)

問い合わせ先
総務局行政部市町村課
 電話 03-5388-2435

東京都内市(区)町村の固定資産(土地)に係る平成27年度の基準地に係る路線価等についてお知らせします。

 本日開催された東京都固定資産評価審議会(菅原秀夫会長:元東京都副知事)において、東京都知事が調整する市町村の固定資産(土地)の平成27年度基準地価格について意見を求めたところ、次のとおり了承されましたので、お知らせします。

基準宅地の価格等の概要

 固定資産(土地)に係る平成27年度の基準地価格のうち、基準宅地の価格等については、次のとおりです。

1 平成27年度と平成24年度の基準宅地に係る路線価等を比較した、変動率(単純平均)については、次のとおりです。

平均変動率
平成26年1月1日基準
区分 平成27年度÷平成24年度
(3年間の変動率)
市平均 0.6%
町村平均 -4.2%
市町村平均 -1.0%
都平均 -0.8%

※1 都平均は、特別区の変動率を加味したものです。
※2 各平均は、各市町村の単純平均であるので、各市町村の宅地評価総額の変動率とは一致しません。

2 基準宅地に係る路線価等が高額な上位5市町村は、次のとおりです。

基準宅地に係る路線価等 上位5市町村
平成26年1月1日基準
団体名 路線価等 変動率(3年間)
立川市 3,976,000円 2.2%
武蔵野市 3,010,000円 4.2%
八王子市 1,575,000円 -4.3%
町田市 1,540,000円 3.4%
三鷹市 1,470,000円 0.7%

※路線価等は、「市街地宅地評価法」を適用し評価している市町村の場合は路線価であり、「その他の宅地評価法」のみを適用し評価している市町村の場合は単位地積当たりの適正な時価が最高である標準宅地の1平方メートルあたりの価格である。

3 平成27年度と平成24年度の基準宅地に係る路線価等を比較した、3年間の変動率について下落幅が大きい上位5市町村は、次のとおりです。

基準宅地に係る路線価等下落幅 上位5市町村
平成26年1月1日基準
団体名 路線価等 変動率(3年間)
大島町 33,810円 -25.7%
八丈町 21,910円 -14.2%
奥多摩町 25,340円 -14.2%
檜原村 18,270円 -14.1%
瑞穂町 79,000円 -6.0%

4 上記のほか、田、畑及び山林の基準地価格についても了承されました。

5 特別区の宅地、八王子市の田、武蔵村山市の畑及び奥多摩町の山林(東京都の指定市町)に係る基準地価格については、総務大臣による所要の調整が行われ、去る平成26年9月24日に開催された地方財政審議会固定資産評価分科会において報告された上で、既に確定しています。

ページの先頭へ戻る