トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 11月 > 羽村取水堰(投渡堰)が土木学会選奨土木遺産に認定

ここから本文です。

報道発表資料  2014年11月12日  水道局

羽村取水堰(投渡堰(なげわたしせき))が土木学会選奨土木遺産に認定されました

 この度、平成26年度土木学会選奨土木遺産※として、羽村取水堰(投渡堰)が都内で唯一認定されました。
 羽村取水堰は、江戸の急激な人口増加に伴い、市中へ水を供給するために開削された玉川上水の取水口として、1653年に設置されました。多摩川の水は、現在もここから小作浄水場や東村山浄水場等に送られています。
 今回認定された投渡堰は、江戸の発展を支えた歴史的価値の高い施設であることに加え、設置当時の投渡しの技術が現在まで継承されている貴重な施設であることが評価されました。(別紙参照)
 つきましては、認定式が下記のとおり行われますので、お知らせします。

1 日時

 平成26年11月20日(木曜) 午前11時00分から

2 場所

 東京都庁第二本庁舎14階 水道局長室(東京都新宿区西新宿2-8-1)

※土木学会選奨土木遺産

 公益社団法人土木学会では、土木学会選奨土木遺産選考委員会を設け、社会へのアピール、土木技術者へのアピール、まちづくりへの活用などを促すことを目的に、近代土木遺産(幕末~昭和20年代)を対象として、土木学会選奨土木遺産を認定しています。

画像
羽村取水堰(投渡堰)

※別紙 羽村取水堰(投渡堰)の特徴

問い合わせ先
水道局浄水部浄水課
 電話 03-5320-6413
水道局浄水部管理課
 電話 03-5320-6444

ページの先頭へ戻る