トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 11月 > 第10回東京商店街グランプリ ノミネート事業を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2014年11月6日  産業労働局

第10回 東京商店街グランプリ ノミネート事業の決定!

 東京都では、都内商店街の優れた取組を表彰・紹介することにより、あらためて商店街の役割や魅力について、より多くの方に知っていただくことを目的に「東京商店街グランプリ」を開催しています。
 今回は、各区市町村を通じて21事業の応募があり、書類審査の結果、5つのノミネート事業が決定しました。
 プレゼンテーションによる審査会を経て、これらの中から「グランプリ」「準グランプリ」「優秀賞」が選ばれます。
 結果につきましては、11月13日(木曜)秋葉原コンベンションホールにて開催される「中小小売商業活性化フォーラム」の中で発表・表彰いたします。

商店街名 事業の概要
新宿トラッドジャズフェスティバル実行委員会
【新宿要通り共栄会・末広通り商店会】
(新宿区)
新宿トラッドジャズフェスティバル
 全国的にも珍しいトラッドジャズをテーマにしたこの事業は、昨年で開催13回目を迎えた。居酒屋や路上等の25か所をステージとしてライブパフォーマンスやパレードが行われ、商店街全体が日中限定のライブハウスと化し、幅広い世代の演者と観客が街中に溢れかえる。夜の印象が強かった商店街の新たなイメージ作りに貢献している。
高円寺銀座商店会協同組合
(杉並区)
純情商店街のブランド開発・PR事業
 山形県飯豊町産「はえぬき」を使って『純情米(お米)』と『純米 純情(お酒)』を『純情ブランド』として商品化。山形県の農家と連携して地域の小学生と共に稲作体験を実施したり、美大生による商品のパッケージ制作など、まちの人々と共にブランドを生み出している。実際に商店街内の店舗で販売、飲食店での提供を行っている。
千住旭町商店街振興組合
(足立区)
学園通りフェアー
 当初1団体から始まったイベントが昨年で15回を迎え、千住地域の学校や自治会など17団体が参加する大イベントに発展。学園祭と連携して様々なパフォーマンスを行うステージを各所に設け、多くの人が楽しめる工夫がされている。また地域の方が参加する流し踊りは300人を超える迫力あるものとなっている。
協同組合国立旭通り商店会
(国立市)
国立・街のコンシェルジュ
 プロジェクト参加店舗にお客様が来店した際、名刺の裏面に一筆記入をして積極的に仲間の優良店を紹介するという事業。極めてシンプルだが、お金と手間のかからない創意工夫に富んだ取組みは多くのリピーターを生み、店のファンが街のファンへと成長。全国的にも例をみない試みとしてメディア等で紹介され、他県にも広がりつつある。
東町商栄会
(西東京市)
西東京市民映画祭地域連携事業
「西東京市民映画祭」(西東京シネマ倶楽部主催)という地域資源との連携イベントを実施。縁日セールでは映画の半券を持参することで抽選会に参加ができ、当日は入場制限するほどの大盛況。映画『幸せの黄色いハンカチ』を模した沿道を彩る黄色いフラッグには地元小中学生らのメッセージも書かれ、映画ファンのみならず地域住民も楽しめる催しへと発展した。

問い合わせ先
産業労働局商工部地域産業振興課
 電話 03-5320-4787

ページの先頭へ戻る