ここから本文です。

報道発表資料  2014年11月4日  建設局

多摩動物公園情報
トキが死亡しました

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、環境省が進めるトキ保護増殖事業に協力するため、佐渡トキ保護センターからトキを預かり非公開での飼育を行っています。平成26年11月2日、今年生まれの1羽が死亡しましたので、お知らせします。

1.死亡したトキ

 死亡日 平成26年11月2日(日曜)
 個体(性別) No520/K/14(メス)
 年齢 2014年5月8日生まれ 約6ヶ月齢
 死因 頭部挫傷

2.経緯

 動物を単独の施設で飼育すると感染症の発生にともない全滅の恐れがあるため、個体を複数の施設に分散して飼育する場合があります。環境省が進める保護増殖事業のトキについても、鳥インフルエンザ等の感染症対策として複数の施設に分散して飼育しています。
 都立動物園は40年以上にわたって佐渡トキ保護センターにおける飼育繁殖に技術協力をしてきた実績があることから、保全活動の調整機能をもつ野生生物保全センターがある多摩動物公園で、環境省の指示のもと非公開エリアで平成19年12月からトキを飼育し、今年も7羽の繁殖に成功しました(平成26年8月19日発表済)
 10月28日朝9時30分頃、今年繁殖した7羽のうちメス1羽が元気を失っているのを飼育担当者が発見しました。すぐ治療を開始しましたが、11月2日12時30分頃、死亡を確認しました。死因である頭部挫傷に至った原因については不明です。なお、鳥インフルエンザ簡易検査は陰性でした。

3.飼育状況

  • 日本の飼育状況(2014年11月2日現在。放鳥した個体および今回死亡した個体を除く)

佐渡トキ保護センター 85羽 (うち2014年生9羽)
佐渡トキ野生復帰ステーション 43羽 (うち2014年生13羽)
多摩動物公園 15羽 (うち2014年生6羽)
いしかわ動物園 20羽 (うち2014年生10羽)
出雲市トキ分散飼育センター 17羽 (うち2014年生5羽)
長岡市トキ分散飼育センター 17羽 (うち2014年生7羽)
佐渡市トキふれあい施設 5羽 (うち2014年生3羽)
合計202羽 (うち2014年生53羽)

【参考】トキ(国の特別天然記念物、国際保護鳥)

  • 学名
    Nipponia nippon
  • 英名
    Japanese crested ibis
  • 分類
    ペリカン目 トキ科
  • 分布
    野生のトキは、20世紀初頭には中国、ロシア、朝鮮半島、台湾、日本など、東アジア一帯に広く分布しており、決して珍しい鳥ではなかった。江戸時代の日本でも北海道から九州までほぼ全国に生息していた。その後、乱獲と生息環境の悪化により東アジア一帯で減少が進み、中国を除き一旦絶滅した。その後の保護活動や野生復帰の取組み等により、現在野生のトキが見られるのは中国陝西省の洋県と寧陝県付近、および新潟県佐渡付近のみ。
  • 生息地
    水田や湿地、川など
  • 習性
    一年中ほぼ同じ場所に生息し、非繁殖期には群れを作り集団で生活する。ドジョウ、サワガニ、カエル、タニシ、昆虫など、もっぱら動物性の餌を食べる。
  • 繁殖
    1月頃、首から背中がグレーの繁殖羽に変わり、ペアでの交尾が確認されるようになる。大木に小枝を組んだ直径60~80センチメートル程度の巣を作り、3月頃には産卵を開始する。卵は1日おきに1個ずつ、合計3個から4個を産卵する。有精卵だった場合、孵化までの日数は約28日。孵化後約35~45日で巣立ちを迎える。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る