トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 10月 > 消費生活講座 心理学から見た消費者トラブル

ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月8日  生活文化局

東京都消費生活総合センター
消費生活講座 受講者募集のお知らせ

 東京都消費生活総合センターでは、消費生活講座を下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。

わかっているのに、なぜだまされる!? ~心理学から見た消費者トラブル~

 悪質・巧妙化する悪質商法による消費者被害は、後を絶ちません。ひとり暮らしの高齢者が多い東京の特性からも、今後の被害の拡大が心配です。
 被害をもたらす背景や悪質事業者は消費者のどのような心理を悪用するするのか心理学から学び、私たちにできることは何かなど、消費者トラブルから身を守る方法を考えます。

日時

 平成26年12月8日(月曜日)
 14時00分~15時30分 (13時30分開場)

講師

画像
講師:秋山学氏

 神戸学院大学人文学部人間心理学科教授 秋山学氏

【プロフィール】
 日本消費者行動研究学会理事、著書に『新・消費者理解のための心理学』、『よくわかる産業・組織心理学』(いずれも共著)など多数


場所

 東京ウィメンズプラザホール (東京都渋谷区神宮前5-53-67)

参加費

 無料

募集人数

 250名 (都内在住・在勤・在学の方)

申込

 ハガキ、ファクス、電子申請でお申し込みください(詳細は、別紙のチラシ(PDF形式:997KB)をご覧ください)。

締切

 平成26年11月25日(火曜日)まで
※募集人数を超える応募があった場合は、抽選により受講者を決定します。
 受講の可否は、12月1日(月曜日)までに申込者全員に通知します。

問い合わせ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
 電話 03-3235-1157

ページの先頭へ戻る