トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 10月 > 26年度下水道局「事故予防対策強化月間」を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月27日  下水道局

平成26年度「事故予防対策強化月間」を実施します
全力で事故ゼロを目指します

 下水道局では、工事事故を防止するための対策に全力を挙げて取り組んでいます。
 特に、工事が最盛期を迎える11月を事故予防対策強化月間とし、様々な取組により安全管理の徹底を図るとともに、工事に携わる一人ひとりの安全意識のさらなる高揚を図り、事故ゼロを目指します。

期間

 平成26年11月1日(土曜)から11月30日(日曜)まで

重点テーマ

  • 重大事故撲滅に向けた事故予防活動の継続と強化
  • 埋設物損傷事故の削減対策

事故予防対策強化月間中の主な取組内容

工事安全管理者講習会の開催(10月31日(金曜) 第一本庁舎5階 大会議場)

 当局職員、受注者等を対象に、安全管理優秀現場の取組発表、東京労働局及び下水道メンテナンス協同組合からの安全管理についての特別講演などを行い、安全意識の高揚を図ります。
 また、当日は、安全管理優秀現場及び安全標語の表彰式を実施します。(講習会次第は別紙のとおり)

下水道技術実習センターを活用した危険体感訓練

 昨年10月に開講した下水道技術実習センターを活用し、安全帯ぶら下がり、飛来落下の衝撃等の危険体感教育を実施し、職員の安全管理能力の向上を図ります。

パトロールの強化

 路上工事の歩行者等に対する安全対策の重点的な確認や、第三者的な視点を取り入れたパトロールの実施により、安全管理の徹底を図ります。

安全標語等を活用した安全管理の徹底

 安全標語を表示したポスターの掲示や危険予知活動への活用などにより、工事関係者への安全管理の徹底を図ります。

安全標語

 「危ないと 感じた時に すぐ改善」
 「怠るな 手掘りで確認 埋設管」
 「誘導は 明るい笑顔と 思いやり」

問い合わせ先
下水道局計画調整部技術開発課
 電話 03-5320-6601

ページの先頭へ戻る