ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月24日  財務局

新たな個人向け都債の発行について

 本年7月に発表しました「『東京国際金融センター』構想に向けた取組」の中で、個人金融資産について、預金中心から他の金融商品へ運用を拡大していく仕組づくりを掲げました。その具体的取組の一つとして、今般、平成14年度から「東京再生都債」として発行してきた個人向け都債を、下記のとおり見直すこととしました。

1 発行概要

 従来型の円貨建て債とあわせて、商品性の異なる外貨建て債を発行します。これは、個人向けとしては、戦後の国債・地方債を通じて初めてであり、運用の選択肢を広げ、都債の魅力をさらに高めていきたいと考えています。
 また、「東京再生都債」として発行してきた個人向け都債の名称を、国際都市東京に相応しい名称とするため、「東京グローバル都債」に変更します。

区分 現行(平成25年度実績) 見直し後(平成26年度~)
名称 東京再生都債 東京グローバル都債(円貨・外貨)
通貨 円貨建て 円貨建て 外貨建て
オーストラリアドル(豪ドル)
発行額 200億円 150億円 5千万豪ドル(約50億円)
期間 3年 3年 5年
金利 0.18% 11月決定予定
購入限度額 1人/1団体あたり
1万円から1億円まで
1人/1団体あたり
1万円から1億円まで
1人/1団体あたり
1,000豪ドルから100万豪ドルまで
購入対象者 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に在住または在勤・在学の個人の方、同エリア内に主たる事業所等を有する法人、団体(未成年の方が購入する場合は、親権者の同意等の手続が必要となりますので、購入を検討されている方は各取扱金融機関にお問い合わせ下さい。)
募集時期 平成25年11月~12月 平成26年11月~12月予定

※詳細な発行条件につきましては、決定次第、都ホームページ等に掲載する予定です。

2 取扱金融機関(購入を検討されている方は、各取扱金融機関にお問い合わせ下さい。)

 取扱金融機関 電話番号
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(外) 0120-5323-46
SMBC日興証券(外) 0120-550-250
みずほ証券(外) 0120-324-390
大和証券(外) 0120-010101
野村證券(外) 0120-00-8657
みずほ銀行 0120-3242-86  3 #
多摩信用金庫 0120-778-289
東京都民銀行 0120-535-103
SMBCフレンド証券 0120-917-035
岡三証券 0120-390603
東海東京証券 0120-746-104
岩井コスモ証券 0120-017-543
城北信用金庫 0120-276-251
東洋証券 0120-03-1040
丸三証券 0120-03-4803

※(外)の記載のある金融機関のみ外貨建て債もお取扱いいたします。

3 留意事項など

  • 円貨建て債について、価格は金利の変動等により上下しますので、償還前に売却する場合には投資元本を割り込むことがあります。また、発行者の信用状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 外貨建て債については、上記円貨建て債の留意事項のほか、為替の変動によりご購入時の為替水準より円高豪ドル安となる場合、本債券を円換算した価値が投資元本を割り込むことがあります。
  • 販売額に限りがございますので、お早めに各取扱金融機関にお問い合わせ下さい。
  • 募集にあたっては、取扱金融機関から契約締結前交付書面をお渡ししますので、よくお読み下さい。
  • 環境の変化等により発行予定を変更する場合があります。

問い合わせ先
財務局主計部公債課
 電話 03-5388-2681

ページの先頭へ戻る