トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成26(2014)年 > 10月 > 子育て支援のモデル事業 とうきょうOSEKKAIカフェ実施

ここから本文です。

報道発表資料  2014年10月15日  福祉保健局

子育て応援とうきょう会議発・新たな子育て支援のモデル事業
「とうきょうOSEKKAIカフェ」はじめます

 子育て応援とうきょう会議(以下参照)は、地域の特性やニーズを踏まえ、複数の事業者がそれぞれ有するノウハウや強みを生かし、子育て支援の新たなサービスを提供する「とうきょうOSEKKAIカフェ」を、モデル事業として実施することとなりました。
 この「とうきょうOSEKKAIカフェ」では、東京都内で乳幼児等の子供を養育中(子育て中)の方を参加対象として、子育て中の不安や悩みの緩和、仕事と子育て両立のヒントにつながるような講座を、まるで「カフェ」のような、居心地の良い雰囲気の中で実施していきます。
 本モデル事業の実施後、課題や成果の検証を行い、その結果を情報発信することにより、各地域における子育て支援サービスの創出につなげることを目指しています。

モデル事業「とうきょうOSEKKAIカフェ」の概要(10月実施分の詳細は、別添のチラシ参照)

1 実施期間

 平成26年10月下旬~平成27年2月末(20回程度実施予定)

2 実施場所

  • 23区内
    「“輝く私”昭和女子大学ステーション」(世田谷区)
    「銀座三越内 テラスルーム/テラスコート」(中央区)
  • 多摩地域
    「シェアスペース リトマス」(国立市)
    「多摩センターココリア内 おしごとカフェ キャリア・マムホール」(多摩市)

3 参加対象者

 東京都内に在住・在勤・在学されている、乳幼児等の子供を養育中(子育て中)の方で、以下のいずれかに該当する方

  • 現在育児休業中の方や、育児休業後に職場復帰した方
  • 育児休業の取得に関わらず、在職中又は求職中の方(仕事をしたいと考えている方)

4 実施内容等

 子育て中の方に役立つ、各種の講座を「カフェ」のような雰囲気の中で実施します。
 参加者には実費相当の参加費をご負担頂きます。託児サービスもご利用頂けます。

5 参加申込み方法等

 本事業は、子育て応援とうきょう会議の委託を受け、NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンター(以下参照)が実施します。各種講座への参加申込みは「とうきょうOSEKKAIカフェ」の専用ウエブサイトからお願いします(事前申込制)。
 【申込・問合せ先】
 NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンター 電話03-5565-4923

※詳細は、専用ウエブサイトをご参照ください。

※別添 チラシ(PDF形式:276KB)

問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部次世代育成支援担当
 電話 03-5320-4115

〔参考〕

1.子育て応援とうきょう会議について

 子育て応援とうきょう会議(会長:岡村正 株式会社東芝 相談役、日本商工会議所・東京商工会議所名誉会頭、事務局:東京都福祉保健局少子社会対策部計画課)は、様々な分野の機関・団体・学識経験者が連携し、社会全体ですべての子供と子育て家庭を支援することのできる東京の実現に寄与することを目的に、平成19年10月に設置された団体です。
 子育て応援とうきょう会議の目的にご賛同いただいた企業、NPO、自治体等の関係団体に、「構成団体」や「協働会員」となって頂き、ともに社会全体で子育てを応援する取組を進めております。
 これまで、こうした団体と連携して、子育て支援の課題に社会全体で対応すべく、「子供未来とうきょうメッセ」の開催、「安全なベビーカー利用に関するキャンペーン」などをはじめとして、多様な取組を実施してまいりました。
 詳しくは、子育て応援とうきょう会議のホームページ「とうきょう子育てスイッチ」をご覧ください。

画像

2.NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンターについて

 NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンター(理事長:坂東真理子 昭和女子大学学長)は、本モデル事業の実施に係る業務を、子育て応援とうきょう会議から受託しています。
 当NPO法人は、女性が輝く日本へ、誰もが意欲と能力を生かして様々な働き方や生き方に挑戦でき、子育てや介護が必要な時期など個人の置かれた状況に応じた多様で柔軟な働き方が選択できる-そんな仕事と暮らしの調和(「ワーク・ライフ・バランス」)が取れた社会を目指し、平成18年10月2日に設立し、さまざまな啓発活動を続けてまいりました。
 詳しくは、NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンターのホームページをご覧ください。

3.OSEKKAIについて

 東京都は、従来の余計なお世話という意味でのお節介ではなく、子育てしている親と子供を優しく温かく見守る行動、すなわち、気になる子供に声をかける、不安を感じている保護者に、優しく声をかけたり、相談場所を教えるといったことを、「OSEKKAI」とし、児童虐待防止に係る普及啓発キャラクター「OSEKKAIくん」を活用した普及啓発活動を展開しています。
 本モデル事業は、こうした「OSEKKAIくん」を活用した、東京都の児童虐待防止の普及啓発活動も参考にしながら、子育て応援とうきょう会議の活動目的を踏まえ、社会全体で、子供と子育て家庭を、見守り、支えるという意味での、新たな「お節介」≒OSEKKAIを通じて、新たな子育て支援の取組を広げていくという考え方で、「とうきょうOSEKKAIカフェ」と名付けました。
 「OSEKKAIくん」を活用した東京都の児童虐待防止の普及活動について、詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

画像

ページの先頭へ戻る